出張・神音カフェ2009年09月07日

今年の6月、アメリカ人と結婚してアメリカに住んでいる私の妹と、その家族が来日しました。

石川県の滞在は4日間。

まだ小さな子どものいる一家をどこに案内しようかと考えた末、羽咋の山ん中にあるスーパー人気カフェ「神音カフェ」に連れて行きました。

ご存知の方も多いと思いますが、案内にしたがって行くと「本当にこんなところにカフェがあるのかよ!?」と、思ってしまうところにあるのです。

「菅池バス停から下り、谷あいに蛇行する道をしばらく進むと・・・」
この道でいいのかなあ・・?

「諏訪神社、バス待合所を左手に・・」
お、神社、あったあった。

「2本目の消火栓の表示のある角を右の木立の方に曲がり・・・」
こ、こっち?・・あ、看板が立ってる。

「お墓の見える右に曲がりしばらく下った右手にあります。」
・・・本当にこの先に店があるんですか~・・

なんて、不安と安堵を繰り返しながらも、こんなところまで来るヒトがいるのだろうか?(自分は来てるくせに)と半信半疑で到着すると、古い民家を改装したカフェの庭は満車、店内はたくさんの人で賑わっているのですよ!!

連れて行った妹のダンナ(アメリカ人)もビックリ。
帰りの車の中で、なぜあんなにはやっているのか質問攻めに会いました。

ん~、なぜだろうねえ・・
雰囲気や、オーナーの武藤さんの人柄や、いろんなものがあの世界を作り上げたんだろうな。
んで、忘れちゃいけないのがコーヒーの味。

もともとコーヒー専門店で修行してきた武藤さんが自ら焙煎する4種類のブレンドコーヒー。
これがウマイ!

コーヒーはブラックでなんか飲めません、というお子ちゃまなウチのスタッフ・フジタが初めてブラックで飲めたのも神音カフェのコーヒーでした。

 

さて、ここからが本題。

その神音カフェのオリジナルブレンドコーヒーがつばきやで飲めるのだ!(正確には飲めたのだ)
それも淹れてくれるのは武藤さんご本人!!

昨日(9月5日)のことです。
DSCF6013
つばきやの店内に「出張・神音カフェ」が出現!

武藤さんが焙煎したての美味しいコーヒー豆と、美味しいコーヒーを淹れるための道具を持ってわざわざ羽咋からやって来てくれました。

 

 

 

DSCF6010

豆は「かのんブレンド」、「よぼしブレンド」、「御陵山ブレンド」、「やおよろずブレンド」の4種類。

店内では武藤さんが淹れたコーヒーを試飲できます。

気に入った豆があれば100グラムづつパックされたものをお買い上げいただけます。

 

 

 DSCF6011

ご希望があれば、このでっかいコーヒーミルで挽いてくれます。

こんな重いものまで持ってきてくれて・・

そうそう、こんなことがありました。

実は2ヶ月ほど前にも、神音カフェのコーヒーを武藤さんご自身がサーブするこの企画、やったことがあるのです。
その時たまたまご来店されていた男性のお客様が、きのう2ヶ月ぶりにご来店されたらまた武藤さんがいらっしゃる。
かの男性のお客様はつばきやの常駐コーヒーサービスマンだと思ったそうです!(そーだったらいいのにな)

 

お客様は美味しいコーヒーを飲んで、武藤さんとお話をして、本当に皆さん楽しそうでした。
ワタシたちも楽しかったです。

DSCF6015

こんなにたくさんの〝道具〟を持ってきてくれました。

店を閉めて、武藤さんが後かたずけをして、店の前でワタシたち夫婦と立ち話をした2~30分の時間、なんなんだろう、あの感じは・・懐かしいというか、穏やかな気持ちになるというか・・

武藤さんの人徳ですな・・

神音カフェのブログはこちら 神音カフェ

子どものころ見た夢2009年08月22日

シエスタのゴローさんがウクレレを始めたらしい。

ゴローさんの風貌からして音楽にはちとウルサイ人だと思っていたが、奥様によるとかなりの楽器コンプレックスをお持ちだったらしい。

そのゴローさんが50にして殻を破ったのだー!

50つーとワタシと同い年・・

実はワタシも、ゴローさん同様楽器コンプレックスがあるのです。

 

子どもの頃、音楽の授業がユウウツだった。

笛のテストがある日は、朝から
「大地震が来て音楽の時間がなくなりますように・・」
と祈っていた。

そして、時々こんな夢を見た。

 

 

音楽室で笛のテストが始まっている。
音楽室の中にはなぜかラジオが置いてあり、そのラジオからは「怪獣が日本に上陸したので早く避難してください」という臨時ニュースが流れている。
笛のテストでは課題の曲を吹けた生徒から、帰っていい事になっている。
ひとり、またひとりと生徒が帰り、音楽室の中はワタシを含めた数人の生徒しか残っていない。
窓のはるか遠くむこうに怪獣の姿が小さく見える。
建物を壊しながらこちらの方角に向かってきているようだ。
またひとり、課題曲を吹けた生徒が帰った。
ラジオは「早く避難してください!」と呼びかけている。
怪獣は、もうその雄たけびが聞こえるほど近くまで迫ってきている。
距離にして300メートルほどだろうか・・
とうとう残った生徒はワタシ一人になった。
ワタシは泣きそうになりながら笛を吹くがうまくいかない。
音楽の先生はなぜか落ち着いている・・

 

こんな夢を何回か、見た。

そして、50になったワタシは相変わらず楽器コンプレックスの殻を破れずにいる。

ゴローさんは破ったかー・・

音楽室に取り残されたような、ちょっと寂しい気分です。

ゴーヤ日記2009年08月09日

つばきやの洋間の部屋の窓は、もともと引き違いのサッシだったものを1枚ガラスのはめ殺しの窓に取り替えました。

 

見た目がスッキリして、この方がなんとなくお店って感じがするではありませんか・・

 

ところが、この窓、東を向いていて朝日をまともに浴びます。
夏場は朝から室内気温がグングン上昇。

だから、毎年(と言っても去年からですが)この窓にゴーヤのカーテンを張るのです。

 

今年のゴーヤ日記です。

 

DSCF0026

4月24日(金)

8号線沿いにあるJA松任でゴーヤの苗を買う。

去年は10鉢植えたら過密気味だったので今年は7鉢。

1鉢198円。

 

 

DSCF0040

6月16日(火)

花壇に植えた苗はスクスク、と言うよりもヒョロヒョロと伸びてただいま推定60センチ。

去年は今年ほどアイビーが繁茂していなかったので、もっと「スクスク」育っていたような気がする。

アイビーに栄養取られちゃってるもんね、しかたない・・

DSCF0041

 

6月20日(土)

一番南側の苗に花が咲き、ちっちゃなゴーヤが見える。

カワイーじゃありませんか。。

 

 

 

DSCF0046

6月28日(日)

ヒョロヒョロ君たちも急に元気よく伸び始める。

やっぱりアイビーの繁茂している北側のゴーヤの成長が遅い。

肥料をやろうかな・・

 

 

DSCF0048

7月2日(木)

成長の早い南側のツルに今年1番のゴーヤが成る。

デカイ。

30センチくらいありました。

 

 

DSCF0050

7月26日(日)

茂ってきました。

たくさん咲いている黄色い花は、みんなゴーヤのつぼみになります。

楽しみー!

 

 

DSCF0051

 

裏から(部屋の中から)見ると、こんなカンジ。

やっぱり南側だけ茂っているのがわかります。

 

 

 

DSCF0055

 

8月9日(日)

窓が見えないくらい茂りました。

ワタシは毎日ゴーヤ食べてます。

でも、これからはワタシひとりじゃ追いつかないのでおすそ分けが始まるのです。(カミサンも息子も食べません!)

 

 

DSCF0056

表からはどこにゴーヤがなってるのかよくわかりませんが、裏から見るとよくわかります。

まだちっちゃなゴーヤ君たち、2~3日でアラマ!ってゆうくらい大きくなります。

さあ、今夜の晩酌もゴーヤでGOだ!

 

 

DSCF0057

DSCF0058

記録更新2009年08月01日

今週の月曜日のことでした。

ワタシとフジタは先週末の家具のオーダーを受け、朝からバタバタと削ったり、塗ったりしていました。
カミサンは開店の準備をしてから用事があって出かけ、店にはカワバタがいました。
夕方の5時に、用事から帰って来たカミサンとカワバタがバトンタッチ。

つまりこの日はワタシを含め4人のスタッフが入れ替わり働いていました。

 

そして、閉店の18時。
レジ清算をしてみると・・

DSCF7531


客数 4人 売上 980円・・・

数年前の吹雪の日、もうこれは店を開けていてもしょうがないな、ということで早仕舞いした日がありました。
その日の客数が2人、売上1260円。

今でも憶えていますが、その吹雪の日に来店されたお客様が買われたものはお香やアクセサリー用の皮ひも。
あの悪天候の中、どうしてお香や皮ひもが必要だったんだろうって、ギモンに思ったものです・・

 

しかし・・
今週の月曜は雨がパラパラ降って、良い天気とはいえないものの、それほど悪天候ではありませんでした。

 

梅雨の終わりにポッカリ空いた、不思議な日でした。

 

記録更新。

家具の到着2009年07月07日

7月某日、金沢港に到着したコンテナの荷を引き取りに行きました。

コンテナの中身は・・

DSCF7468

 

 

216台の家具と37箱の雑貨。

重量にすると・・

 

 

 

 

DSCF7467

約5トン。

夏の時期の引き取りは、いつもこの言葉が頭をよぎります。

「熱中症」

幸いこの日は小雨まじりの、比較的涼しい日でした。

 


朝8時に日通金沢港物流事業所に到着。

 

DSCF7439

 

あった、あった、これですよ。

 

 

 

 

 

DSCF7437

扉を開けると、パツンパツンの荷物。

ぎっちり詰まっていて、抜けないこともあります。
以前、日通の担当者さんが
「我々じゃこれの7割くらいしか積めない」
と、言っていましたっけ・・

DSCF7441 DSCF7443

 

 

 

 

 

 

日通の作業員さん3名と、ワタシとフジタの計5名で借りてきたトラックに積み替え。

 

DSCF7444 DSCF7445

 

 

 

 

 

 

積み込み完了!

でも、半分以上は日通の倉庫に積み残しです。

DSCF7446

 

 

さあ、店に到着。

積み込んだのは日通の作業員さんを含めた5人ですが、降ろすのはワタシとフジタのふたり・・

う~む、今日もビールが旨そうだわい!(強がり)

 

 

 

 

積み込み地のジョグジャカルタから、遠い日本の野々市までトラックや船に何度も積み込みと輸送を繰り返された荷物は、ときどきカワイソーな姿になるコトも・・

DSCF7451

 

ガラスの大皿(50cm)・・

 

 

 

 

DSCF7452

 

セーフ!

 

 

 

 

 

 

DSCF7454

 

同じくガラスの大皿(70cm)・・

 

 

 



DSCF7453

アウトー!トホホ・・

 

コブラ食堂2009年06月20日

以前、タイの陶器屋の社長に
「コブラ食ったことあるか?旨いぞ。オレは月に1回食ってる。」と、言われたことがありました。
その帰り道、ドライバー君に、コブラ旨いの?と訊いたらウマクナイと言ってましたっけ。

 

場所は変わってジャワでの話・・
カーゴ屋の女社長が「コブラ、おいしいわよ。お肌にいいの。」と言いました。

 

そんな話、こんな話を聞いてるうちにコブラ、食べてみたくなりました。

と言う訳で、ジャワのドライバー、デニさんが探してきたコブラレストランです。

DSCF7091

もうちょっと「レストラン風」を想像していたのに小さな店でカウンターだけ、5人も座ればいっぱいです。
おばさんがおもむろに布袋を持ってくると、中には何匹ものコブラが・・

DSCF7092

 

どれにする?って言われたけど、どれでもいいですう~

 

 

 

 

 

DSCF7094

 

そのコブラの生きのいいのにはびっくり!

シャーシャーいってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばさんが奥に声をかけると旦那さんが出てきてコブラをさばきます。

DSCF7098

 

淡々とコブラをさばく旦那さん

 

 

そして目の前に出されたのがコレ

DSCF7101

 

 

 

 

心臓と、肝臓と何か(説明してくれたけどよくわかりませんでした)です。
心臓(まん中のピンクのヤツ)なんか、トクントクン動いてるんですぜ!

 

DSCF7097 その心臓と、肝臓と何かと生き血をワインに入れて一気飲み。
別に一気に飲まなくてもいいんだけど、舌の上にあのトクントクンが残ったらやだな、と思ってゴックンしました・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7103

肉はトマトとにんにくといためて、ケチャ・マニスと呼ばれる甘辛い溜り醤油のような調味料で味付け。

味は、と言えば・・

 

 

 

 

DSCF7107
甘じょっぱいケチャ・マニスの味です(当たり前か!)。
食感は硬い鳥の皮、といった感じ。

 

けしてうまいもんじゃありません・・

 

 

 


ワタシとドライバー君の2人前で4万5千ルピア。約450円。安!!

5万ルピア出して釣りはいらないよ、と言ったらおばさん喜んでもう一匹もって来てワタシにつかめ、というのです!
どうやらワタシがコブラを持ったポーズを、ワタシのカメラで取ってやる、という事らしい。
大丈夫か!?
「ノー・プロブレム!」というオバサンの言葉を信じてやってみましたよ。

DSCF7105

ところがこのコブラ、ムチャクチャ元気が良くて、口をパックンパックンいわせながらワタシに向かって攻撃してくる!

あまりにハゲシク動くので、持ってる場所が尻尾のほうにずれてきてなんとなく危ない感じ!

オバサンがすかさず取り上げてくれたけど、次の瞬間オバサンの手の甲にコブラの牙が食い込んだ!!

ワタシとドライバー君がアタフタしていると、おばさんはニッコリ笑ってコブラの頭をつかんで牙を抜いた。

どうやら客に持たせるときはコブラじゃなくて、毒の無いヘビを使うらしいのですが・・

なにがノー・プロブレムだよ!

 

new<<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17>>old