キレイにしました。2012年07月12日

ダイニングテーブルをご購入いただいたT様からご相談を受けた。

「今、使っている椅子は随分昔に買ったものだから買い替えようかとも思っているが、愛着があるのでできればキレイにして使い続けたい。」

見てみましょ、やってみましょ。。

全部で5脚あるうちの1脚を持ってきていただいた。

 

6

構造自体にガタは来ていないが、塗装がかわいそうなことになっている。

5

ビニールの座面もいけませんなあ・・

4

塗装のし直しと、座面の張替えでいけそうだね。

 

 

塗り替える場合、まず今塗られている塗料を落とさなければならない。

一般的に塗料を落とす場合、苛性ソーダのような強アルカリの薬品を塗って塗料を溶かし、水洗いする。

桐タンスの総洗いもその方法でやる。

 

でも今回は別の方法でやることにした。

使うのはコレ。

1

 

ガラスの破片

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

ガラスの破片でペンキを削る。

でも、全部落とさない。

少ーし残す。

 

 

 

__

 

最初の1脚は3時間かかった。

だんだんコツをつかんできて5脚目は1時間半。

自給にすると安いなあ・・

 

 

 

 

 

 

 

6

3

前の塗料を少しだけ残して削り、薄めのブラウンのオイルステイン。

それからウレタンのつや消し。

躯体の部分はこんな仕上がり。

9

7

8

古い塗料を少し残すことによって、古びた感じを出してみた。

T様も 「これがウチの椅子!」 と、オドロ喜ばれました。

 

さあ、後は座面の張替えだ。

ただいま、カミサンが布地を買いに行ってます。。

 

 

FBページ

        FACEBOOK


トラックバック

この記事のトラックバックURL: