カップボード2012年03月18日

白山市の市村様邸に、ご注文いただいていたカップボードを納品した。

上下、セパレートタイプ。

最近はこの形が好まれるようだ。

DSCF0113

 

下のカウンターと、上の水屋の間隔は60センチ。

炊飯器やレンジを置いても十分な作業スペースを確保できる。

上の水屋は壁に直接設置した。

横幅も図面に合わせ、ピタリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

手取町の、手取諏訪神社のすぐそばの閑静な住宅地にある市村邸。

こんな環境の場所に住んでみたいものです。

DSCF0114

 

カウンターの天板は樹木の自然な曲線を活かした耳付き。

カウンターの下部はダストボックスが置けるよう、棚板は無し。

 

 

 

 

DSCF0115

 

上部の水屋は高さ70センチ。

観音開きの扉が4枚。

 

 

 

 

 

DSCF0116

 

 

扉のつまみは真鍮製のコレ。

34種類ある取っ手金具のうちで、一番人気があるヤツです。

 

 

 

 

市村邸にお納めしたのはこのほかにダイニングチェアと、和室に置く小さな座卓。

DSCF0117

 

この座卓、実はベンチの足を12cmカットしたもの。

こんな使い方もあります。

 

 

 

 

 

来週の土日、内見会の市村邸。

天気が良いといいですねえ・・


トラックバック

この記事のトラックバックURL: