コカ・コーラの看板2010年06月04日

えーと、今回の品は古物ではないんですけど・・

古物のカテゴリーの更新をずっとサボっていたもので、無理やり古物に突っこみました。

 

つばきやのお客様のほとんどの方はご存知だと思いますが、毎月〝オークション〟なるものをやっています。

先月のオークション品はコレでした。

DSCF8376

籐張りの寝椅子です。

「入札壺」なるものに、お客様が希望の入札額を記した紙を入れるのです。

そして一番高い額を記入したお客様にお渡しをする。

〝オークション〟というのは〝競売〟であって、価格を競り合っていくものなので、つばきやのオークションは正確にはオークションではありません。

オークション、という言葉のヒビキがいいので使っているだけです。

月末に〝入札壺〟を開けるまで誰がいくら入札しているのかはわかりません。

一発勝負です。

ちなみに今回の寝椅子は・・

DSCF8377

でした。

 

毎月、何を出そうか悩みもしますが、楽しみでもあります。

こんなものにはたしていくらの値が付けられるのだろう・・という興味です。

そして、そういった意味でいくらの値がつくのだろうか、月末がとっても楽しみな品が今月のオークション品。

 

これです。

DSCF8378

コカ・コーラの看板。

古いものに見えるでしょ。

でも、古いものではありません。

古っぽく見えるように加工されたものです。

ジャワの骨董市で見つけました。

 

これはなにかっつーと、Coca Cola のロゴマークの上に書かれているのはイスラム文字。

それでもって、コカ・コーラ社はアメリカ資本主義の象徴。

つまり、イスラム文字で書かれたコカ・コーラの看板てのは、なんつーかブラックジョークみたいなものなのであーる、とはコレを作ったおじいさんが得意そうにワタシに語った話です。

なるほどねえ、そんなもんですか・・

でも、こんなもの誰が買うと思って作ってんだろ・・(ワタシが買ったじゃないか!)

ワタシ、こんなもの売れるとは思ってません。では、なぜ買った?

もちろん、つばきやの〝オークション〟のためですよ!!

仕入れのたびにオークション品を探すのが楽しみです。

半年ほど前は約15000円で仕入れた古いドラが3000円で落ちたこともありましたが・・

 

 

ワタシはこの看板、もらっても困ります。

でも、きっとコレを気に入ってくれる人がいるんでしょうね。

そんな人がコレにいくらの値を付けてくれるのか、今からとっても楽しみです・・


トラックバック

この記事のトラックバックURL: