『す~の手描きTシャツ展』2011年08月20日

さあ、始まりました。

8月のつばきやギャラリーは・・

ひっさしぶりー!

す~さん です。

DSCF0160

 

す~さんと言えばつばきやギャラリーの一発目の企画

『私の好きなレコード・CD / す~の原画展』

二発目の

『アコす~堂のてくてくTシャツ展』

で彼の独特な世界を見せてくれたっけ。

 

 

よくカミサンとこんな話しをするんだけど、作家さん・アーチストには外見上ふたつのタイプの人がいる。

ひとつは髪型や着ている物、持ち物にもこだわって、ああ、この人はきっと芸術的な仕事をしてるんだろうな、というオーラを発しているタイプ。

そしてもうひとつはこの人アーチストなんです、と言わなければわからない、フツーのなりをしたタイプ。

そしてこのフツーのなりをした人のほうが作品ではエネルギーを発散させているような気がする。

す~さんも見た目はフツーのお兄さん。

信用金庫に勤めてますって言われたら、誰も疑わないだろうね。

 

 

そのす~さんが3年ぶりに作ったTシャツです。

DSCF0151

DSCF0152

 

 

 

3年前のTシャツは主に塩素による脱色で絵を描いていたけれど、今回のTシャツはアクリル絵具による手描き。

メンズ M 7200円

 

 

 

 

 

DSCF0155 

 

この色のTシャツで、このサイズ、この絵柄といった注文もできるのだ。

レディス M 6500円

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0151

 

細かい絵柄をアクリル絵具で描き上げるのにどれくらい時間がかかるの?って訊いたら、長いものは2~3日かかります、って言ってた。

時給にすると安いよな~

メンズ M 7200円

 

 

 

 

DSCF0154

 

 

個人的にワタシの好きなのはこのとぼけたキャラクター。

メンズ M 3800円

 

 

 

 

 

 

DSCF0158

 

カミサンのイチオシ、もぐら叩き。

キッズ 130 5200円

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0157

 

す~さんワールドの描かれたポストカードもありますぞ。

150円

 

 

 

 

自分の気持ちを人に伝えることがあまり得意でないす~さん。

能弁な人が描く絵よりも、いろんな思いが詰まってる、、

ような気がします。

 

 

ついでにつばきやののれんもす~さんワールドになりました。

DSCF0159

『す~の手描きTシャツ展』 は 今月いっぱい。

8月31日(水)まで。

『おかしなお菓子とミニマムなアニマル』2011年07月03日

つばきやの歩道に面した窓の、内側の窓枠にちっちゃなサファリパークがあったのを憶えていますか?

  『冬プレ2009』初登場!

窓枠が草原になり、キリンや象がパオ~と鳴いていました。(ウソ)

あのちっちゃなアニマルを作ったsaccyoさんの個展 『おかしなお菓子とミニマムなアニマル』 始まりました。

2011.7.2(SAT)~7.31(SUN)

saccyoさんといえば、まずはコレ。

DSCF8124

 

ウォルナッツアニマル

これはバンビかな・・

他にキリンやシマウマ、バクなんかがいます。

800円

 

 

 

 

DSCF8125

 

ピーナッツアニマル

これは九官鳥・・だったよな・・

他にサル、リス、ウサギ・・

500円

 

 

 

 

このウォルナッツアニマルピーナッツアニマルは、なかなか〝役に立つ〟アイテムなのです。

ピーナッツアニマルを2~3個買っておいて、なにかのお返しやちょっとしたプレゼントにあげる。

サイコーに喜んでくれますよ。

500円でこんなに喜ばれるプレゼント、まずないですね。

 

そしてアニマル物の新作はコレ。

DSCF8126

 

カップからキリンの下半身が生えてます。

上半身ヴァージョンもあり。

1500円

 

 

 

 

 

DSCF8128

 

 

ウムム・・

色っぽい。

カウ・テーブル

1500円

 

 

 

他にも面白いミニマムなアニマル、たくさんいるんですけど、全部見せない。

 

 

 

コレ、何だと思いますか・・?

DSCF8119

 

ポッキーですけど。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8121

 

 

鉛筆です。

100円

 

 

 

 

 

 

コレは?

DSCF8137

 

 

リンゴ飴ですけど。

 

 

 

 

 

 

DSCF8138

 

 

 

ペンスタンドです。

1,000円

 

 

 

 

 

ああ、このペン立てもプレゼントに使えるなぁ・・

 

おかしなお菓子たち、じゃあコレはな~んだ?

DSCF8129

 

 

ホットケーキですけど。

 

 

 

 

 

 


DSCF8130

 

 

キャンディポットです。

L 2,000円

M 1,500円

(写真はL)

 

 

 

 

 

 

DSCF8131

 

2~3年前、バリの木工屋で「ひらめいた!」と思って、その場で絵を描いて作らせたこの壁掛け棚。

その時何がひらめいたのか忘れてしまって、今では何に使ったらよいのかもてあましてます。

 

 

 

この、かわいそーな棚もsaccyoさんの手にかかるとこんな棚に・・

DSCF8132

ん?よく見えないって?

それじゃ近づいてみましょ。

DSCF8135

 

 

以前、ある設計士の方がこんなことをおっしゃってました。

「建築やデザインにはね、〝笑い〟がなくちゃダメなんだよ。楽しいでしょ、〝笑い〟があると。」

金沢出身で、金沢美大の環境デザイン課を卒業したsaccyoさんの個展
『おかしなお菓子とミニマムなアニマル』
は今月いっぱいやってます。

saccyoさんのブログはこちら … 『saccyoのひねもす豆文庫』

『オンザマユゲ』-おきたもも作品展-2011年06月11日

おきたももさんの作品展 『オンザマユゲ』 始まりました。

おきたももさんの前回の作品展 『しあわせのかたち』 をご覧になった方はおわかりになると思いますが、どこか懐かしい、穏やかな気持ちになるタッチが今回の 『オンザマユゲ』 にもあふれています。

 

おきたもも

金城短期大学デザインコース卒業

絵本作家

ボローニャ国際絵本原画展フィクション部門入選

「星の都絵本大賞」佳作 「ニッサン童話と絵本のグランプリ」佳作

「講談社絵本新人賞」佳作 など受賞

 

今回の作品展のタイトル 『オンザマユゲ』 はこの絵から・・

DSCF0061

その絵の下にはこんなコメントが・・

DSCF0062

おきたももさんの子ども時代の思い出です。

こんな思い出は形こそ違えど誰にでもあるんじゃないかな。

でも、なかなかそんな「思い出」を思い出すことがないんだよね・・

前回の 『しあわせのかたち』 展でも ワタシ、こう思いましたもの・・

「何かふだん忙しくって、しあわせだな、なんて実感したことがなかったけどオレって結構しあわせだな・・」

 

DSCF0063

 

 

 

ゼリーエースを見ると・・

 

 

 

 

DSCF0064

 

 

 

 

こんなこと考える・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0066

ヒメフォークは・・

DSCF0065

こんな感じ。

 

 

ちょうどこの写真を撮っていたとき、女性の二人連れのお客様が 「そうそう!」 「なつかしー!!」
なんて盛り上がってました。

あんまりたくさんブログで見せちゃうより、実物を見たときに盛り上がってほしいから、今回 写真は少なめ。

だから実に来てね。

『オンザマユゲ』 -おきたもも作品展-

は、6月26日(日)まで。

 

そうそう、おきたももさん、今回オークションします!

その売上は・・

DSCF0067

そして、オークションの作品はこの絵。

DSCF0068

『しあわせのかたち』原画展の表紙になった「ごはんがたべられるしあわせ」です。

皆さんふるってご入札を!

 

それから、6月17日(金)の12:00~15:00、おきたももさん、ギャラリーにいます。

作風同様カワイイ女性です。

みんな見に来てね!

私のコレクション  ~アジアのヌノ・コモノ~2011年04月02日

ご存知の方も多いと思いますが・・

今はすっかり家具屋になったつばきやですが、商売を始めた頃は雑貨もたくさん扱ってました。

息子が生まれる前は夫婦で、生まれた後もまだ小学校へ入る前は家族3人で、雑貨の仕入れに(主に東南アジア)へ行っていました。

それでもって、ワタシもカミサンも日中はそれぞれ別行動で仕入れをしていました。

なぜ別行動かって?

 

 

ワタシの商品仕入れの基準は次の通り。

①自分の好みに合った商品を見つける。もちろん大量生産品でないもの。

②お客様が 「お、結構安いじゃん!」 と思ってもらえるような値段を想像する。

③そこから運賃、関税、もろもろの諸経費、利益を引いてこの値段だったら仕入れてもいいなという価格を出す。

④それよりもちょっと安い値段から価格の交渉を始める。

⑤その〝ちょっと安い値段〟でまとまればラッキー!その値段でまとまらずジリジリ上がっても最初に設定してた価格ならもちろんOK。それよりも高くなるようならあきらめる。

 

一方、カミサンの基準は次の通り。

①自分の好みに合った商品を見つける。(ここまでは一緒)

②高かろうがなんだろうが欲しいモノは絶対に買う。以上。

その仕入れ方に難色を示すワタシに対して最後に言うのがこのセリフ。

「いいの。これはお店で売るんじゃなくてアタシが買うんだから。」

ね・・ 別行動なの、わかるでしょ。

DSCF0310

ホーチミンのドン・コイ通りにあるハンドメイドショップで買った刺し子のペンケース。

手縫いのキルティングで、手間かかってそーだな、原価といろんな経費を考えると5~6千円で売らないと合わないよな・・

というヤツ。

3000円。

それでいい、それでいい、少しでもモノを減らしてくれ・・

 

この商売を始めてもう十数年・・

その間に〝お店で売るんじゃなくてアタシが〟買ったものはどれくらいの量になるか想像がつきますでしょうか・・

4年前に野々市に引っ越してきましたが、引越し業者さんが荷物の多さにビックリしていました。

トラック2台だったのですが1台はほとんどカミサンのモノ。

すごいでしょ。

 

だんだん暖かくなって、そろそろギャラリーも始めようかなと作家さんたちに声をかけ始めました。

皆さんのスケジュールを調整しながら予定を立てましたが4月がポッカリ空いている・・

カミサンが言いました。

「アタシのもの、売ろうかな・・」

さすがにモノの多さに気が差したのか、モノは少ないほうがいいと思ってるワタシの心の声を聞いたのか、いずれにしても素晴らしい案でした。

という事で4月のギャラリースペースは

私のコレクション ~アジアのヌノ・コモノ~

4.1(金)~4.24(日)

 

〝私〟はもちろんカミサンです。

 

DSCF0311

〝アタシのもの〟の多くは布類。

左の写真の布はタイシルクの古布。

タイシルクっていうと厚くてゴワゴワしたイメージがありますが、このスカートに使われていた布は柔らかくて繊細。

描かれている模様は絣織りです。

3900円

 

DSCF0304

つばきやではちょっと珍しいアフリカの泥染めの布。

写真には写っていませんがフリンジにはトンボ玉が付いています。

131×60㎝

8400円

 

DSCF0303

トゥリス(手描き)やチャップ(銅版押し)、コンビナシ(手描きと銅版押し)などのさまざまなジャワ更紗。

3900円~23000円

昔、よく泊まっていたバリのホテルのオーナーが、趣味のアンティーク好きが高じてアンティークショップ&ギャラリーを開きました。

その彼がこう言ってました。

「売れて欲しいけど、売れて欲しくない。理想を言えば同じものがふたつ手に入って、ひとつが売れて、ひとつが私の手元に残る・・」

そんなに都合良くはいかないでしょうが、心情は理解できます。

カミサンにも絶対に手放せないものがあります。

DSCF0305

中国南部からタイ北部に暮らす山岳民族の〝背負い布〟です。

背中は目の届かないところ。背に負ぶった子どもが魔に魅入られないように刺繍をした布を掛けるのだそうです。

この渦巻き模様や幾何学模様はそれぞれに意味があるのだそうです・・

こんな説明をされたら手放せなくなりますよねえ・・ 非売品です。

DSCF0309 ジョグジャの骨董街、ティルトディプラン通りのアンティークショップで買ったもの。

80年前のスマトラの王宮の踊り子の衣装です。

子どもの衣装?と思うほど小さなサイズのこの衣装を着ていた踊り子は、よほどスリムだったのか、それともその当時のスマトラの人たちは今と比べて小柄だったのか・・

これも非売品です。

DSCF0313

差益を稼ぐつもりだったら仕入れなかったものばかり。

カミサンワールドです。

2階(我が家)にはまだまだ山のようなストックが眠っています。

 

ああ、これで我が家のモノが少しでも少なくなりますように・・

 

澤山工作所展2010年12月03日

さあ、12月のギャラリーは私の大好きな作家さん、澤山輝雄さんの『澤山工作所展』。

DSCF9858

 

金沢美大を出て、役者や舞台の大道具さんなんかをやってきた澤山さんの作品はいつも脱力系の笑いを誘ってくれますが、( 「役に立たなくてオモシロいもの」 )今回は気合が入っています。

それでもって、その中でも特に力が入ってるのが『椅子』。

DSCF9851

DSCF9852

 

 

 

 

 

 


流木や廃材を利用して、新たに椅子として命を吹き込んだもの

DSCF9853

 

分厚い廃材を座面に見立てたスツール。

コレはもう売約済。

 

 

 

 

 

 

DSCF9870

椅子にコーヒーミルが付いた『椅子兼コーヒーミル』。

DSCF9871

実際に座ってハンドルをグルグルやると、これがミョーにはまるのです。

この『椅子兼コーヒーミル』は会期中も新作が入るそうですぞ。

 

 

 

 

 

椅子だけじゃーありません。

こんなのもあります。

DSCF9857

 

「ラジオ」

名前、付いてるのかな??

 

 

 

 


DSCF9856

 

こんな顔してます。

右目がチューニング、左目がボリュームのツマミ。

この「音響系」は澤山さんの得意分野。

見た目は古い、オンボロラジオなのにイイ音を出すやつ、なんてのもあります。

 

 

 

DSCF9859

 

「鏡」

厚みのある木材をくりぬいて下部には鏡をはめ込み、上部にはミニチュアの椅子が置いてあります。

「実用的」とはかけ離れた澤山さんの「カガミ」。

 

 

 

カガミはこんなのもあります。

 

 

DSCF9860

DSCF9872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9861

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに何でも作っちゃう澤山さん。

ワタシも困ったときは澤山さんに相談に行きます。

オーソドックスな陶器も澤山テイスト。

DSCF9868

 

「タコの皿」

 

 

 

 

 

 


DSCF9869

 

「イヌの皿」

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、こんなのもありますよー!

DSCF9862

 

「ポスト」

小窓にはめ込まれているのはステンドグラス。

扉の右下にいるワンコはブリキを切り出したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSCF9865

 

「ブリキの裁縫箱」

 

 

 

 

 

 

 

この他にも「机」や「箱」や「オルゴール」なんかもあります。

「鳥人間」もいます。

 

澤山ワールド全開の『澤山工作所展』は12月5日(日)から26日(日)まで。

 

あ、そうそう、忘れてた。

12月11日(土)に澤山さんのワークショップ「アキカンを塗ってみよう」があります。

「どうしてもすてられなかったあのアキカンをペイントしてしまおう!」というワークショップです。

てのひらサイズほどのアキカン2つと、できればヘアドライヤーを持って参加してください、とのことです。

時間は9時から12時まで随時(1時間程度)。参加費1000円。汚れてもよい服装、またはエプロンをご持参ください。

(塗料や筆はご用意いたします)

お問い合わせ・予約は

076-246-8045

つばきやまで。

 

ところで・・・

今日は12月3日・・

久しぶりにギャラリーの事前予告が出来ました。

えらい!!

まくたの部屋2010年11月07日

いや~、毎度毎度のことながらもう始まってます・・

事前予告ってことができんのかい!

スミマセヌ・・

 

11月のつばきやギャラリースペースは、川尻亜由美さんの 『-こどもの時間-まくたの部屋』。

DSCF0427

 

七尾出身で愛知県立芸術大学を出た川尻さん、現在は名古屋在住です。

作品搬入の日は、旦那さんと名古屋から車でお越しになり丸二日かけて展示の準備をしてくれました。

ん?旦那さん、平日なのにお仕事は?

「休みを取りました。」

それでもって、搬入二日目の夜は七尾の実家に帰る川尻さんを残し、

「これから電車で名古屋に帰ります。明日仕事ですから。」

えらい!

旦那さんのカガミです。

 

ところで『まくたの部屋』の、まくたって何?

実は川尻さんの弟さんのあだ名(弟さんの名前は「たくま」)だそうです。

転じて、「まくた」は小さな子供を表す言葉としました。

 

川尻さんはこう言ってます。

『かれこれ10年ほど、人物画を描き続けていますが、

最近はこどもを描く事が多くなりました。

「なにごとにもとらわれる事なく、やりたいことにまっすぐむかう」

こどもたちに対してそんな憧れがあるのかもしれません。

大人になった今、

こどもの時間をかいま見ることを大事にしたいと思い、

こどもの部屋をつくることにしました。

「まくたの部屋」へ、どうぞ遊びに来てください。』

 

DSCF0001

DSCF0002

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0004

 

 

 

 

DSCF0005

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0429

 

オテンバな女の子の部屋をイメージしてディスプレイされた部屋です。

子どもたちも楽しそうに遊んでました・・

 

 

 

 

11月のギャラリースペース「まくたの部屋」は11月28日(日)まで。

new<<1 2 3 4 5 6 7>>old