船舶時計2009年03月09日

DSCF5912


ジャワ島、ソロの骨董市で見つけました。

MARUZEN
TOKYO JAPAN
って書いてあります。

骨董屋の女主人は船舶用の時計だといってました。
揺れる船の中では置時計は使えず、上から吊り下げるのだそうです。
おそらく日本の船に設置されていたのでしょう、鍵穴には「開」「閉」と漢字文字が記されていました。

 

このソロの街はジャワの内陸部で、港はありません。
この時計、どんないきさつでこの骨董屋までやってきたのでしょうか。
やっぱり、船乗りが使っていたんでしょうか、それとも兵隊さんだったのかも・・
ワタシの想像癖の虫が騒ぎます。

 

数十年ぶりに日本に帰ってきたこの時計、トーゼン動きません。
もしかして直るかも、という淡い期待を抱いて分解してみたものの、何のためにこの部品があるの?コレは何?・・というものばかり・・完全にお手上げです。
そういえば子供の頃、いろんなものを分解して、それがとても楽しかったのを思い出しました。
「分解」は男の性(さが)なんでしょーネ。

DSCF6943

 

結局、古い部品は全部取り出して、電子式のムーブメントに取り替えることにしました。
ムーブメントを取り替えると、針を取り付ける部分のサイズが変わるので、針も取り替えなければならない。そして、この時計のサイズに会う針が無いので既成の針を切って、削りだして・・
うむむ・・・できるかな・・?

 

あ、そうだ!
時々家具の製作を手伝ってくれる澤山さんがいた。
澤山さんは、以前つばきやのギャラリーでやった「冬のプレゼント展」で、テルミンやお猿の電話を出品した人。とても器用な人です。

澤山さんのブログはここ 澤山工作所

 

という訳で、澤山さんによって新しい命を吹き込まれた船舶時計です。

DSCF6942

 

クォーツのムーブメントを内蔵した船舶時計。
正確に時を刻みます。

 

11800円

漆塗りの膳と椀2009年01月06日

時々、古民具などを仕入れる富山の古道具商に、以前から気になるものがありました。

お膳の上に、椀や皿がセットになった、アレですよ、時代劇で旅人が旅籠で飯を食べるときに使われるヤツ・・
女中さんが横に座って、ご飯をよそったりするヤツ・・

DSCF6754

DSCF6752

 

 

先日、やっと仕入れてきました。

下条村の山田竹松さんが作ったものなのか、山田竹松さんが注文主なのかわかりませんが、大正4年ですよ!90年以上昔のものです。
もちろん、漆塗り。

 

 

「弐十組」と書いてあります。この箱には5組入っていたので、同じような箱が4つあったんでしょうね・・

DSCF6758

 

そのうちの、3番目の箱、という事でしょうか・・

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6755


椀や皿などの器は、ほぼきれいな状態で出てきましたが、中には割れやひびのあるものもあります。

膳はほとんどダメでした。

 

 

 

 

箱から出てきたのは5組10客の膳と、50個の椀や皿。

DSCF6760


思ったよりたくさん入っていたのね・・・
これらはセットではなくバラで売ろうと思っていましたので、これだけたくさん入っていたのなら、けっこう安い価格で売れますよ・・

という事で、気になるお値段は・・

蓋つき椀 1,000円
椀 500~700円
汁椀 500円
皿 400~700円

どうだ!

 

DSCF6761

欠けのあった汁椀を試しにふたつに割ってみました。

木目のきれいな木地が出てきました。

ガラクタ市場、一時移転です2008年10月22日

先日、ジャワへ行ってきました。

例によってガラクタ市場の〝パサール・トゥリウィンドゥ〟へ顔を出してきましたが、改築のために一時移転をしていました。

以前、トゥリウィンドゥへの行き方を載せたので、あらためて移転先への行き方をご紹介します。

 

出発地は前回と同じホテル、「ノボテル・ソロ」。

DSCF6293

 

ホテルの門を出たらちょっとデコボコした歩道の上を右方向へ出発!

 

 

 


DSCF6296

 

100メートルほど歩くと広ーい道路と交差するので、横断歩道を渡って・・

 

 

 


DSCF6297

 

向かいの広い歩道に出たら、右方向へ・・

 

 

 



DSCF6299

 

途中に「バティック博物館」の看板があります。

 

 

 



DSCF6300

 

「北京」という中国製のバイクのディーラーの看板が見えてきたらもうすぐ・・

 

 



DSCF6302

 

この大きな樹まで来たら、すぐ左側にある門をくぐって下さい。

 

 

 


DSCF6303


門には〝パサール・トゥリウィンドゥ(PASAR TRIWINDU)〟の横断幕があります。

DSCF6306

 

門を入ると広場のようになっていて、「アレッ?」と思いますが、目指すガラクタ市場は奥に見える建物の向こう側です。

 

 

 

ホテルから歩いても7~8分。

ホテル前に待機しているべチャ(人力タクシー)に乗って「トゥリウィンドゥ!」と言えばアッという間に連れて行ってくれますが・・

古物?2008年09月07日

うちの店に大きなドラがある。

インテリアのように壁に飾ってあるけれど、叩けばゴァ~ンと音の響く立派なドラである。

DSCF0001

ドラなんて誰が買うの?って思うけど・・
それが、けっこう需要があるのだ。

主に飲食店ですね。

富山のモツ焼き屋さん、浅田屋さんのやってるビアガーデン、近江町のそばのエスニック料理屋さんなどなど・・
お客様が入ってくるとゴァ~ンとやるらしい。

 

ところが、今ウチにあるドラにはゴァ~ンとやるための「バチ」が無い。
だから、インテリアになっちゃってる。

 

先日、ジャワの骨董市に行った時ソレを思い出してバチはないかと探してみた。

 

DSCF5917

あった。

新品。

ドラが古いモンなので、バチも古いほうがいいよな、と思って「古いヤツある?」って訊いてみたら、こう言われた。

「自分でやれ・・」

「?」

ど、どうやって・・

 

 

 

どうやら、土に埋めとくと古っぽくなるらしい。

やってみようじゃありませんか。

DSCF0003

花壇の中に埋めてみようじゃありませんか。

どんな風になるのだろうか・・

掘り出したときにご報告します。

49年前の手帳2008年06月30日

ソロの骨董市は小さな個人店が何十軒も並ぶところ。

なるほど値打ちのありそうなものを扱う店もあれば、ガラクタばかりの店もある。

その「ガラクタばかりの店」のひとつに引っ張り込まれた。
なんか買っていっておくれよ、といつものオバサンに腕をつかまれ店内へ。
ここはいつも買うもん無いんだよな・・と思いながらも、ひとつくらいは買わなきゃ出られないな、と目を皿のようにして探していたら、こんなもんが見つかった。

 

DSCF6001

DSCF6000

 

 

 

 

 

 

 

1959年の手帳。
49年前、ワタシの生まれた年です。

>> 記事の続きを読む...

パサール・トゥリウィンドウ2008年06月03日

ウチの店で扱う古物、いろんな国のいろんな骨董市やアンティークショップで買って来ます。
北京の藩家園、バンコクのチャトウチャ、チェンマイのJJマーケット、ジョグジャカルタのティルトディプラン通り・・
それぞれが個性的で、ワタシの好奇心を刺激してくれます。

その中でも、今、ワタシが一番楽しいのがソロの「パサール・トゥリウィンドウ」 (トゥリウィンドウ市場)。

ここは、骨董市というよりも、ガラクタ市場といったほうがいいかもしれません。
その、ガラクタの中から、オッ、コレは!というものを見つける宝探し気分を味わえるところです。

今回は、その「パサール・トゥリウィンドウ」へご案内いたします。

>> 記事の続きを読む...

new<<1 2 3 4>>old