役に立たなくてオモシロいもの2009年05月13日

最近、私が個人的にますますハマっているのが澤山工作所。

澤山さんが新しい作品を持ってくると、思わずつぶやきます・・

「ハハ・・役に立たねー・・」

DSCF7262

コレはブリキでできた小っちゃな「椅子」。

親指程度のサイズです。
古びた感じをだすために、メッキをサンドペーパーで剥がし、硝酸で錆をつくり・・
大の大人が・・
こんな小っちゃなモンのために情熱注ぐっていいじゃないですか・・

DSCF7263

 

 

「空飛ぶ冷蔵庫」

 

 

 

 

 

DSCF7264

 

 

 

「ついに立ち上がったネコ」

 

 

 

 

 

 

 

 

コレはカメレオン状の蚊取り線香たてです。
蚊取り線香の中心部から火をつけます。

DSCF7260

お、澤山工作所の作品にしては珍しく・・・・

役に立つモンじゃないですか!!

 

ところで、澤山さん、5月20日の石川テレビ「リフレッシュ」(AM10:00~)に、作品と共に出演するらしいですよ。

照れ屋の澤山さん,テレビに出たら緊張するだろうなあ・・
ものすごく楽しみです。。(性格の悪い店主)

完成したのはふたつだけ2009年04月26日

半年ぶりのインドネシア仕入でした。

家具を中心に、いろんなモノを仕入れてきました。
出発前はアレを買おう、コレも仕入れなくっちゃと頭の中がグルグルしましたが、中でも特に楽しみにしていたモノがあります。

バリ芸大の陶芸科に通うナントカ君の作品です。

「ひさびさのアート系」

半年前に見たナントカ君の作品は、なんともいえない不思議な印象でした。

未完成ながら、この作者は何を想って作っているんだろう、と、こちらが考えさせられるような力強さがありました。

半年前は当の作者が帰省中だったので仕入れることができませんでしたが、今回は完成品に会えると思って、スキップしながらタミンさんの工房へ行きました。

タミンさんにナントカ君の作品のことを尋ねると「ハハハ、アレ好きなのね・・」と、機嫌がよさそうでしたが、いまひとついつもの歯切れのよさが無い。
その訳は、半年前に未完成品があれだけたくさんあったのに、完成したのはふたつだけなのだそうです。

タミンオブジェ

完成したのはこのふたつだけ。5月中頃、金沢港に到着します。

 

「彼はアイデアいっぱい、たくさん作るけど、フィニッシュできないネ・・」

なるほどね・・

タミンさんのように商売人でないアーティストの彼は、悩んで悩んで、フィニッシュできないんでしょうね・・

ワタシもアーティストではありませんが、わかる様な気がします。

 

その、タミンさんオススメの新商品がコレ。

タミンキャンドル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンドルホルダーです。

手捻りの器に開けた、たくさんの穴からろうそくの灯りがもれてキレイです。
値段は・・
安い!!

なんでこんなに安いの?、と訊くと「コレ、ロクロで回してから指で押して手捻り風にしてるのよ・・」ということ。

「あったまいいー!」
と言うと
「ビジネスだからねー」

 

このオッサン、なんとなく好きなんですよ・・

ハト商店がやってきた2009年03月18日

広島出身で、現在は東京で活動しているハトちゃん、全国各地で作品展をやってますが、今回はつばきやでハト商店やってます。

実はハトちゃん、3月20日から21世紀美術館で行われるダンスカンパニー「まことクラヴ」の公演のアシスタントなのですが、他のスタッフより一足早く石川に来てハト商店開いてくれました。

DSCF6982

 

多くの作家さんが本業、または副業を持ちながら制作活動をしていますが、ハトちゃんはコレ一本で食ってるツワモノです。

最近は忙しくて睡眠時間も少なく、アシスタントを雇いたいくらいだといってました。

たいしたもんです・・

 

DSCF6978

DSCF6980

 

ハトちゃんより一足早く到着した段ボール箱。

この中にちっちゃい、かわいい雑貨がいっぱい詰まってます。

 

DSCF6976

 

 

ハトちゃんの独特のタッチで描かれたイラストをマグネットやマッチ、ピンバッジ、絵はがきにしています。

 

DSCF6977

 

DSCF6979

 

 

 

 

 

 

 

圧巻はその絵はがき。500種類以上あるそうです!!

DSCF6981

ポストカードといわず、〝絵はがき〟というのがいいじゃないですか。
そーゆーの好きだな、オレ・・

 

ところで、ハト商店inつばきや開店初日の16日は、ハトちゃんが手描きの絵はがき作ってくれました。

DSCF6951

いつも来てくださるお客様のナマステさん。
ああ、ご本人の写真を載せたい・・

ナマステさんのブログはココ

ナマステさん

 

 

 

ぬわんと1枚800円です!

我が家の来年の年賀状はハトちゃんに描いてもらお。

DSCF6956

お客様と、我が家の駄犬ハナ。

 

ハトちゃんのHPはココ

ハトゴヤ

ベトナムジッポー2009年03月07日

ベトナムジッポーって知ってますか?

 

ベトナム戦争当時、ジッポーライターは米兵の支給品でした。
そのジッポーに、サイゴンの街の便利屋に思い思いのモチーフや詩を彫らせたのがベトナムジッポーと呼ばれるものです。

ベトナムジッポーのデザインも、開戦当初は米兵がベトナム人の子供の手を引く後姿など〝我々はベトナムを救うためにやって来た!〟と言わんばかりの使命感、イデオロギーに満ちたものが多く見られました。
しかし、戦争が長引くにつれ厭戦感が広がり、モチーフも女性のヌードなど退廃的なものになり、詩の内容も戦争批判のものが多くなります。

DSCF6945

 

ここに並べてあるものは本物のベトナムジッポーではなく、レプリカ(複製品)ですが、モデルはすべてオリジナルのベトナムジッポーです。

彫られている詩も現存するベトナムジッポーのコピーです。
この詩がムツカシーのです。

アメリカ人と結婚して、ロスに住んでいるワタシの妹に詩の意味を尋ねたらこんな答えが帰って来ました・・(原文のまま)

DSCF6947

BLACK IS !
BLACK IS YOU
BLACK IS ME
BLACK IS US
BLACK IS UNITY

ブラックとは!
ブラックとはお前
ブラックとは俺
ブラックとは統一


「たぶん黒人さんが黒人パワーのことを言ってるんじゃないかな?」

 

DSCF6948

WE ARE THE
UNWILLING
LED BY THE
UNQUALIFIED
DOING THE
UNNECESSARY
FOR THE
UNGRATEFUL

俺たちは感謝の気持ちもないやつらのために、能力の無い(資格に欠けた)やつらに引っ張られて、必要の無いことをいやいややっている。

 

DSCF6946

THE HIGHER
YOU GO
THE LOWER YOU
GET IN THE ARMY

アーミー(陸軍)では
上に行けば行くほど(高いところに行けば行くほど)
低くなる(もらうものが低くなる?)

「これはかなりいろいろな解釈ができるので、本当の意味はわからない。ジェフにも聞いてみたけれど、よくわからなかった。階級が上がればあがるほど、自分の得る報酬が少なくなる(相対的に)という意味にも取れるし、階級が上がるほど逆に状況が悪くなる(低くなる)という意味かもしれない。要するに、上に行ってもアーミーではいいことが無い、という意味なのかもしれないね。

もうひとつの解釈としては、階級が上がれば上がるほど(higher)人間として低くなる(lower)、つまりはえらくなればなるほど、人間性が卑しくなるという上層部批判だね。

お役に立てたかな?」

立った、立った。

古い鍵2009年01月31日

DSCF6913

 

鍵ってのは・・・

 

 

 

 

DSCF6914

 

錠とセットになって、初めて機能するモンでしょ・・

 

 

 

 

おととし、ソロの骨董市を歩いていたら、ある店で古い鍵を売ってました。
鍵だけあってどーすんの?って思ったけど試しに値段を訊くと結構いい値を言ってくる。
値段が新品の鍵とあまり変わらないじゃないか、と言うと(家具用の取手金具屋で、家具の扉用の鍵を売っているのです)、古いから価値があるというのです。
感性の鈍いワタシはその理屈に納得できず、結局その時は買わずに帰って来ました。

日本に帰ってきて、ウチのスタッフにその話をすると、古い鍵はペンダントヘッドにしたり、天井の照明のツマミにしたり、けっこう人気があるらしい・・
そして、ある雑誌を見ていたら東京の週末だけ開くという雑貨屋の記事が出ていた。
そこに、ワタシが買いそびれたのと同じ鍵が売られていた。

1500円!!

そんな、アホな・・
1500円といったら六角堂のステーキランチが食べられるじゃないか!
なんでも食べ物に換算するのがワタシの悪い癖です。
昔、宅配ピザのチラシを見た時に
「ピザが2400円!カツ丼3杯食えるじゃないか!」
と思ったものです。

あ、スイマセン、話がそれました・・

そんなこともあって、昨年、その古い鍵を仕入れてみました。
値段交渉で値切っていたら、結局70本も買うハメになってしまいました。
ちょっと、多すぎるかな、と思ったけど結果は1ヵ月半で完売。
ウムム・・

DSCF6277

 

頭に乗ったワタシは今回220本買ってきました。

 

 

 

 

 

 

DSCF6911

大きいのや小さいのやサビサビなのやピカピカが少し残っているヤツや・・

いろいろです。

 

 

 

 

DSCF6916

お客様の手が汚れないように、余分なさびを落としています。

 

 

 

 

 

DSCF6912

どれでもひとつ390円

のれん2008年12月24日

 

つばきやに、のれんが掛かりました。

 

DSCF6671

冬の間は天気の良い日だけ出しています。

DSCF6672

 

店名も書かれていない、ちょっと風変わりなのれんですが・・

どうですか、なかなかオモシロいのれんでしょ・・

 

 

 


仕入れの途中にバリに寄る、といつも一緒に食事をするバリ在住の若いご夫婦がいます。

旦那さんのトシ君はウブドでTシャツ屋さんをやっています。
このTシャツがタダモノではないのです。
バティックの伝統的な染色技法で一枚一枚手描き、手染めをしたTシャツなのです。

つばきやののれんはそのトシ君に、やはりバティックと同じ伝統的な染色技法で作ってもらいました。

彼のお店の名前はChili2 Bangun
彼の作る個性的なTシャツ、ネットでも購入できます。

ひとつのぞいてみてください・・

new<<1 2 3 4 5 6 7 8>>old