ブックエンド2012年12月24日

あるお客様からこんなご相談を受けた。

「これから家を建てるんですけど、リビングに本棚を置きたいんです。でも、あんまり大きな本棚を置くと圧迫感があるかもしれないし・・壁は珪藻土を塗るんですけど、それを隠してしまうのももったいないし・・でも、子供の本や、主人が本好きなものですから主人の本も置きたいし、小さな本棚では収納量が少ないと思うし・・」

いろんな家具屋さんを回って本棚を探されているが、これといったものが見つからないようだ。

そのころ、 「本棚の本」 (『旅のお供』)を読んで、本棚のことばかり考えていたワタシは待ってましたとばかりにご相談に乗った。

お客様といろいろなお話をさせていただいて、私がご提案したのは〝本棚〟という家具を置かずに棚板だけを直接 壁に設置する方法。

横幅170センチのマホガニーの無垢板を7枚壁に取り付け、棚板の両端には鉄製のブックエンドを立てる。

棚板が直接壁につくので、珪藻土の塗り壁が隠れる部分は最低限になる。

上下の棚板の間隔を30㎝とすると、横幅170㎝、高さ210㎝の大きさの本棚と同じ収納力がある。

簡単な絵を描いてお見せしたら、それ、いいです!と、ご注文を頂いた。

さあ、そのブックエンドをどうするか。

いつもの鉄工屋に頼んで作るつもりでいたが、問題はその形。

いろいろ

あまりシンプルでも味気ないし、にぎやか過ぎてもウルサイ。

あまりゴツゴツしても本が傷つく。

実際に出来上がるであろうものをイメージしながら、いろいろ描いてみる。

デッサン単体

で、コレにした。

件の鉄工屋さんはバリに住んでいる。

が、出身はジャワ島のイスラム教徒。

8月の出張時、家具のことで頭がいっぱいになっていたワタシは鉄工屋と会う約束をするのを忘れていた。

ま、いつ行っても居るしと、渡バリの2~3日前にドライバーのカデ君に鉄工屋とのアポを取ってくれるよう頼んだ。

すると、私がバリに着く前日、鉄工屋はジャワに帰ってしまうという。

ちょうどラマダン(断食月)の明けたレバランという、イスラム教徒にとってはお正月のような時で、故郷に帰ってしまうようだ。

ワタシは持参したブックエンドのデッサンをドライバーのカデ君に預け、これを鉄工屋に渡してほしいと頼んだ。

いつもなら、私が製作を依頼したものは鉄工屋が2~3日でサンプルを作り、出来上がった現物をワタシが見て、ここをこう直してほしいといった修正を経てから商品となる。

今回はそのサンプル確認作業を省いて商品が出来上がってしまう。

一抹の不安もあったが・・・

12月の初めに、家具とともにそのブックエンドが金沢港に到着した。

出来上がりは・・・

ほんなし

ワタシのイメージしていたものとピタリ!

無口で、愛想のない鉄工屋だけど、アイツ 使えるなぁ。

ほんあり

ブックエンド、左右一対(2個セット)で3000円 (税込)です。

 

棚板を作った2012年10月24日

 

つばきやで売ってる建築金物、今までたくさんの種類のものを作った。

 

DSCF0342

イケルと思って作ったのにあまり売れず廃盤になったものもあれば、その逆もある。

 

その中でもず~っと売れ続けているのが棚受け金具。

 

DSCF0343

 

 

サイズやバリエーションで11種類の棚受け金具があるが、一様にお客様に支持されるのは〝ゴツゴツ感〟・・

 

 

 

 

DSCF0344

 

溶接の跡が残った、手作り感なのです。

 

 

 

 

 

 

この棚受けの上に合板の四角い板を乗せるのは味気ない、というので杉などの耳付板(樹木の自然な曲線が残ったもの)を切っていたのだが、規格をそろえるのが難しい。

 

と言う訳で、今回は棚受け金具に合わせて棚板を作った。

材料はつばきやのテーブルと同じマホガニー。

銘木です。

皮むき

 

 

 

皮を剥き、サンダーをかけ、塗装する。

手間のわりに利益の薄い商品です。

だから、忙しいのに儲からねえんだな・・

 

 

 

 

 

DSCF0345

 

出来上がりはこうなります。

塗装色は2種類、ナチュラルとオーク。

写真のものはナチュラル。

 

 

 

 

DSCF0346

 

奥行き約14センチの棚板には12センチの金具。

 

 

 

 

 

 

DSCF0347

 

奥行き約18センチの棚板には17センチの金具。

 

 

 

 

 

金具にクルリンとしたものが付いているのはなに?

これはね、こうなるんです。

DSCF0349

(棚板 W60×D18㎝:¥2210 塗装色:オーク

棚受け金具 17cm:¥1380 アイアンバー60cm:¥700 S字フック:¥180 )

 

 

マホガニー無垢材の棚板

奥行き 14cm × 幅 45cm ・・・ ¥1480

         〃             × 幅 60cm ・・・ ¥1820

         〃             × 幅 90cm ・・・ ¥2600

奥行き 18cm × 幅 45cm ・・・ ¥1800

         〃             ×  幅  60cm ・・・ ¥2210

         〃             ×  幅  90cm ・・・ ¥3280

あ、そうそう、金具類 一部値下げしましたぜ。

俺の本棚2012年09月01日

以前にも書いたが、いまや大きさも重さもペーパーバックほどしかない電子機器に個人の全蔵書の情報を記録しておくことが可能な時代になった。

『 本棚 』 の持つ役割も変わっていくだろう。

 

最近の本棚のトレンドは〝平置き〟

従来の本棚は読み終わった本を、棚板と垂直に立てて並べる。

倒れてはいけないので、キッチリと。

それに対して平置きは読みかけの本、あるいはこれから読みたい本を水平に重ねて置く。

大きさを揃えることもなく、無造作に。

ソファの横、トイレの入り口、居間や寝室の壁に取り付け読みたい本を置いておき、読みたいときに開く。

そんな平置き本棚をワタシなりにアレンジしたのがコレ。

『俺の本棚』 3連発。

1

 

 

 

 

丸い棒や流木などの上に不安定に積み上げられた本。

こちらは仕掛けを知っているが、はじめて見る友人はちょっと驚くだろう。

種明かしをすれば、なあんだ、という事になるが・・

 

 

 

 

 

 

 

2

 

構造はL字形の鉄板。

壁に留めるビス穴と本を支えているように見える物を留めるビス穴計4つを開けただけ。

この棒の部分に何を使うかがセンスの見せ所。

古い封筒を両面テープで貼ったりしても面白いかもしれない。

薄っぺらい封筒の上に本が載るわけないのだから。

 

棚のサイズ W18×D13 cm  ¥2500

 

 

3

 

 

文庫サイズもあります。

棚のサイズ W12×D8 cm  ¥1600

こちらは竹棒。

 

 

 

 

 

 

 

それから、もひとつ、コレ。

4

 

 

 

 

 

 

本のカバーに鉄製の棚板を挟んであるので、本が壁にくっついているように見える。

本の下側が見えるような、視線よりも高い位置に取り付けると効果的。

 

 

 

 

 

5

 

 

棚の裏側にある爪にカバーをはさむのです。

コレはハードカバーじゃないとうまく行かないので、文庫用はありません。

 

棚のサイズ W13×D13 cm  ¥2200

 

 

 

 

我が家もさっそく居間にひとつ付けました。

 

FBページ

          FACEBOOK

なげし2012年04月21日

つばきやのアイアン製品(建築金物)は、直接壁や柱に取り付けるものが多い。

そのほとんどはビス(ネジ)を打つ。

当然、壁や柱にはビスの穴が開く。

だから、よくこう言われる。

「あ~、欲しいけど・・壁に穴、開けられないのよね~」

アパートや、借家住まいのお客様だ。

 

 

よくお見えになるお客様が、これまで手を出さなかった建築金物をある日ドッサリ買われた。

棚受け、タオルハンガー、トイレットペーパーホルダー、取っ手金具、その他モロモロ・・

「前から欲しかったんですけど・・今度、家を建てることになったんです!」

おめでとうございます。

 

 

だから、よくこう言われる。

「借家でも使える、壁に穴、開けないでも使えるの考えてください。」

 

という事で、建築金物、今回の新作はコレ。

 

DSCF0242

 

 

ちょと古い家にはこんなのがある。

DSCF0243

〝桟〟(さん)と言えばいいのだろうか、障子やふすまのフレームの上の部分。

この桟の向こう側は、壁との間に若干の隙間がある。

よく、亡くなったおじいちゃんの写真なんぞを額に入れて、この桟に引っ掛けた金物に載せている。

この、後ろに隙間のある桟を〝なげし〟と言う。

この〝なげし〟にさ、コレを引っ掛けるのさ。

DSCF0244

 

 

もう1本引っ掛けて、アイアンバーを載せる。

 

DSCF0246

 

そしたら、ほら、壁に穴開けなくてもいろいろできるでしょ。

DSCF0261

DSCF0263

 

 

さ、値段はいくらにしようか。

2本1セットでなければ使えないから、1本が千円を超えるとちと高いな。

セットで2千円を超えてしまう。

980円・・

いや、780円くらいにしとこうか・・

んじゃ、切りのいいところで・・

DSCF0241

 

 

 

  ひとつ

       700円

 

 

 

 

 

 

 

アイアンバーもいろいろ届きました。

30cm(400円)から80cm(1300円)まで、10cm刻み。

(写真のものは40cm/500円)

 

 

DSCF0264

 

 



FACEBOOK

プチストレス2012年02月15日

今までにも何回か記したが、つばきやで、家具以外の商品で人気があるのがアイアン製品。

棚受けやフック、トイレットペーパーホルダー、タオルハンガーなどの、いわゆる〝建築金物〟と言われるもの。

その中でも、最近売れ始めたのがS字フック。

DSCF0075

 

 

7ミリ/角・・・¥180

5ミリ/丸・・・¥120

 

 

 

 

 

DSCF0074

 

 

こーやって使います

 

 

 

 

あったら便利かな・・売れるかどうかわからんが・・

と、作ったのだが案の定、はじめはあまり売れなかった。

だがやっと、アイアンバーや棚受け金具をお買い上げいただいたお客様が、それらと組み合わせてお使いになることに目覚めたようだ。

 

以前のブログにも書いたが、ワタシの部屋でも使っていた。

DSCF8369_thumb

 

 

『またまた金具』

 

 

 

 

 

 

 

その記事の中でも書いているが

『これが意外に重宝します。わざわざハンガーに掛けなくてもチョイと引っ掛けておける・・』

 

が、しばらく使っていたらちょと問題が発生した。

問題と言うほどのことではないが、引っ掛けてあるものを勢いよくはずすとS字のほうも一緒に外れてチャリンと落っこちてしまう。

ま、拾ってまた引っかけりゃいいだけのことだが、これがプチストレスになる。

 

そこで新たに作ったのがコレ。

DSCF0076

 

S字の上の部分を閉じているのでバーから外れない。

7ミリ/角・・・¥180

5ミリ/丸・・・¥120

 

 

 

 

 

先日、あるお客様から棚板とアイアンの組み合わせでご注文を頂いた。

これです。

DSCF0083

厚さ38ミリの厚い棚板に、棚受けやフックなどいろいろなアイアンを組み合わせているのだが・・・

(なぜか「顔は撮らないで!」というカミサン。)

 

 

 

 

DSCF0084

 

 

棚板の下のバーにこの変形S字を組み合わせた。

 

 

 

 

 

金具だけではなかなかイメージがわきにくいものだが、このお客様、わかってらっしゃる。

こんな風に使って欲しいな・・

 

ところで、ワタシの部屋の金具も取り替えた。

DSCF0082

 

もうどんなに乱暴に服を取っても、金具は外れないんだぜ。

作ってミタ。2012年01月23日

 

こんなものを作ってミタ。

おなじみのアイアン製で。

 

 

DSCF0030

 

なんだと思いますか?

 

DSCF0031

 

4本の、上に突き出た棒の先にはビス用の穴が開いている。

 

DSCF0034

 

 

答えは・・

 

 

 

 

DSCF0035

 

 

このテーブルの・・

 

 

 

 

DSCF0036

 

 

下に。

 

 

 

 

DSCF0037

 

〝後付け〟のマガジンラック。

 

DSCF0032

 

どうしたら新しい金物を古びたように見せるか、鉄工屋のおやじと試行錯誤しているのだが、今回試してみたのがコレ。

まず金色の塗装を施し、その上から黒を塗り、乾く前に拭き取る。

鉄工屋のおやじいわく、その名も 『ブラック&ゴールド』。

強そうじゃないか。

需要があるかどうかわからんが・・

 

・・・3千円(税込)

new<<1 2 3 4 5 6 7 8>>old