思いつきの商品2008年08月17日

ワタシの家具の仕入先のひとつ、ジャワの〝ヌルジャナ工房〟。

ここは製材から自分の工房で行います。

DSCF5886 DSCF5890

 

 

 

 

 

 


木材の、芯に近い、太い部分は両端を落とされ無垢板に製材されますが、それ以外の端材がたくさん出てきます。

DSCF5887

その、端材は〝板〟として使える部分に細かく切断されます。

 

なんとなくもったいないよなあ・・

DSCF5888


端材は線引きされ、
細かく板取りされます。
捨てられる部分がたくさん出ます。

 

 

 

 

この端材に、そのまま脚を付けたらいいんじゃないかな・・・

こんな感じです。

DSCF6210


その場でこの絵を描いて、20台注文してきましたが、うまく伝わってるかなあ・・

この商品の入ったコンテナ、9月1日に大阪港に到着します。

ヒビワレ板偏愛症候群2008年06月20日

太平洋戦争前、インドネシアを支配していたオランダは、ジャワ島を中心にサトウキビ畑のプランテーションと製糖工場を各地に建設しました。
その製糖工場が近年相次いで閉鎖され、プランテーションから工場へサトウキビを運ぶ貨物線路の枕木が、家具の材料として出回っているのです。

>> 記事の続きを読む...

古木のコートハンガー2008年05月07日

ジャワの伝統的な建築のひとつに門と、その両側にそれと同じデザインの窓枠を配するものがあります。

DSCF5631


左の写真のものは、その門です。

コレは時々出物があると買ってくるのですが、門と窓枠の3点セットで買わなければならないのが、ちょっと悩みのタネです。

門はレストランや美容室など店舗での需要があるし、新築の住宅にお使いになる方もいらっしゃいます。

 

>> 記事の続きを読む...

オレのお膳2008年04月16日

女房子供が寝静まった頃、冷蔵庫からチビターイビールと通販で買ったウンマイサラミを出して、「ニュース23」で与野党のコウボウでも見っかー・・というときにオモムロに引っぱり出してくるのがこのオレのお膳

DSCF5576   

>> 記事の続きを読む...

海の記憶2008年02月28日

DSCF5282

役目を終えた木造船の解体材を使い、新たに家 具として生まれ変わった椅子です。

 

船の材料として使われる木とはどんなものでしょうか?

まず、水に強く腐らないこと。そして、堅牢であること、狂いが少ない事・・

そう、家具を作るのに最適な材料なのです。

近頃はいくつかの家具メーカーが「船材を使って家具を作っている」ことをアピールするようになりました。

ただし、船は家具と違い木目の美しさは求めませんので、木材に節があります。

しかし、私はその節に「木の持つ力強さ」といったような魅力を感じるのです。

真っ直ぐな柾目の材は貴重なもので、とても美しいものです。

一方、節は樹木が枝を伸ばして陽光を受けとめ、呼吸をしてきた証でもあるのです。

>> 記事の続きを読む...

new<<1 2 3 4 5 6 7>>old