シンクボウル2010年05月13日

家具というのはちょっと違うなあ。でも雑貨というにはデカ過ぎる・・

「インテリア」っつーことで家具のカテゴリーに入れました、このシンクボウル。

DSCF8461

 

コレは我が家のトイレで使ってるヤツです

 

 

 

 

 

 

 

以前8台仕入れたものが、一ヶ月ほど前最後の1台がお嫁に行き、完売しました。

もうすぐ新築の家が出来上がる方、内灘(だったかな?カミサンは鶴来だと言ってます。全然方向違います)で古書&カフェのお店を出す予定の方、片町でバーをやっている方・・いろんな方がこのシンクボウルにほれ込み、購入されました。

ひとつひとつ形が違うので、皆さんどれを選ぶか迷っていました。

このシンクボウルの材料はチークを伐採した後の、根の部分。

根の部分は木目が乱れているので、それが個性的な表情を現します。

 

 

同じくチークの根を削り出したものがコレ。

DSCF8462

 

平たいプレートですが時計にしてみました。

 

 

 

 

 

DSCF8464

 

壺状にくり貫いたもの。

中に電気加工を施し照明にしました。

 

 

 

 

 

乱れた木目と、不完全な形が面白いでしょ。

いずれもインドネシアの同じ工房で作られたものです。

 

 

先月、その工房へ行ってきました。

ちょうどシンクボウルも完売したし、また仕入れてこよー、ってなもんです。

しかし、その工房は〝工房〟と呼ぶには大規模。

たくさんの職人が驚くほどの数の商品を作っています。

上の写真の商品はほんの一部のアイテムで、椅子やテーブルをはじめとする家具や何百種類という木工品を作っているのです・・

「この間買ったシンクボウルある?」と尋ねたワタシはずんずんと在庫置き場の奥に案内されました。

 

 

うずたかく積まれた木工品の間をぐるぐる回って、たどり着いたのがここ。

DSCF8145

シンクボウルだけでこんなにある!

コレ、ここに運ぶのだけでも大変だったろうなあ。

だって在庫置き場の一番奥だし、フォークリフトが通れる通路なんて無いんだから1コ1コかついで運んだんだと思います。重いんですよ!

入り口からここまでは・・そうですねえ、直線距離にして100メートルはあります・・

 

おきれて眺めていたら、お好きなのをどうぞ、と言われて・・

このシンクボウルの山を登りましたよ・・

 

 

んで、選んだのがこの6台。

DSCF8146

前回のシンクボウルは「もうちょっと小さいのない?」と訊かれることが多かったので、今回は一回り小さいものを選びました。

これから磨き上げられ、防水加工を施し、底に穴を開けてイタリア製のプッシュ式ドレイン(上から押すとカチッと排水口が開いたり閉じたりするヤツ)を取り付けます。

値段も前回の四万五千円からお安くなって三万八千円(税込)。

ワタシがホコリだらけになって選んだこいつら、もうすぐ到着します。

CDラック・モリカワモデル2010年02月20日

2年前に試作して好評だったので、それからずっとつばきやの定番商品になっているのが、このCDラック。

DSCF8131

お買い上げになるお客様は、CDラックというよりも「小物入れ」としてお使いになる方のほうが多いようです。

写真のものは「CDラック」として仕上げたので、取っ手金具にはアーチスト名やジャンルが入れられるようにインデックス付きのものを選びました。
もちろん取っ手金具はお好きなものをお選びいただけます。

 

去年の6月、あるお客様からこのCDラックと同じもので高さが70センチあるものが欲しい、と注文をいただきました。

 

それから半年。

お待たせいたしました・・

出来上がりました。

DSCF8132

CDラック・モリカワモデルです。
(「モリカワ」は注文いただいたお客様のお名前です)

1台だけ作ると高いものになるので5台作ってきましたが、もう3台売れてしまいました!

 

いいじゃないの・・

また作ってこよう・・

森川様、大変参考になるオーダーありがとうございました!

CDラック・モリカワモデル

W90×D35×H70
28,000円(29,400円)

※在庫はあと2台ですが(2月20日現在)、GWの頃に追加が入ってきます。

試作品2010年02月11日

ブックマッチテーブルを作ろうと思いました。

ブックマッチテーブルとは、もともと1本の木を製材したとき隣り合わせだった2枚の板を、面していた側を本の見開きのように組み合わせ、スリットを持たせて接合した、左右対称の木目を楽しむテーブルです。

例えばこんなヤツ・・

ブックマッチ3

つばきやでも、一枚板のテ-ブルはとても人気があります。

しかし、テーブルの奥行き(通常80センチ)以上の直径を持つ樹木は希少で、どうしても高価になります。

一枚板の持つ質感と風情を損ねず、しかもお求めやすい価格で提供できないか、ということでブックマッチテーブルを試作してみようと思いました。

 

 

取引のあるいくつかの家具工場の中から、厚物が得意なところを選び、試作の相談をしました。

この工場は値段も安く、いい物を作るところなのですが、ワタシの注文を間違えて作るコトが多いところでもあります。

「ブックマッチテーブル」の説明をしましたが作ったことが無いそうです。

製材の段階から絵を描いて説明しました。

ナルホド、と納得はしてくれましたが本当に解ったのか、不安です・・

工場のオーナーは材木屋と携帯でなにやら話をして、価格を伝えてきました。

価格は満足のいくものでしたが、最低発注数は5台だといいます。

なんだか、また間違えて作りそうな気がしたので「W150cmと180cm、1台づつでいい。」と言いました。

「間違えずに、注文通りのものが出来たら、次回は10台発注する」と言ったら、身に憶えのある彼はしぶしぶ了解しました。

 

それから3ヶ月。

出来上がったのはコレです・・

DSCF8116

3枚の板を接いであります。

また間違えてる!!

 

ブックマッチテーブルの試作品をお待ちの、何人かのお客様に恐る恐るお見せしたところコレが意外にも評判がよかったのです。

これでダイニングテーブルを作って欲しい、と早速ご注文を頂きました。

DSCF8117

 

天板は5センチ厚のマホガニー材。

脚は畳への負担が軽減するよう10センチ角の太い材を使い、重量を分散させました。

 



DSCF8118


現在は無塗装の状態です。

〝チギリ〟の部分には黒褐色のローズウッドを使いました。

 

 

 

さて、気になるお値段は・・

DSCF8120

写真のものはW150cm。

W180cmは80,220円(税込)

各1台ずつです。

 

 





来月は、また仕入れに行ってきます。

このタイプのダイニングテーブルを注文します。

ご希望のサイズのある方はお声をおかけください・・

『お父さんの机』・・だったのに・・2010年01月09日

あるとき、常連のお客様Mさんがこんなことを言いました。

「朝、新聞をゆっくり読みたい・・」

小学校6年生を頭に3人の子どもを持つMさん一家の朝はとてもあわただしい。
食卓で新聞を読んでいると「子どもの朝食の邪魔になるから、新聞広げないで!」と、奥方に言われてしまうそうなのです。
Mさんは満員電車の中のように新聞を畳んで読むらしい・・

そこで、思いついたのがコレ。

『お父さんの机』

DSCF8039

お父さんが新聞を読むための机です。 マホガニーの無垢材で作りました。
塗装色と引き出しの取手金具はお好みで。
(写真のものは天板はチーク、その他はオークカラーで塗装しました)

現実的には居住空間にこの机を置くスペースがあるかどうか、という問題があると思うのですが、なんとなく「ガンバレ!オトーサン」的な気持ちで作りました。

DSCF8040

天板のサイズはW110×D60㎝。

新聞を広げて、その横には灰皿やコーヒーが置ける広さです。

W110×D60×H73
¥34650

 



DSCF8043

ひとつだけついてる小さな引き出しはお父さんのメガネやタバコ、ライターなんかをしまうトコロ。

 

 

 

 


なかなか専用の机を持てるお父さんなんていないからね。
きっと、あんまり売れないだろうな、と思っていたら・・

 

コレがよく売れるのです!

しかし・・・需要は当初予想していたおとうさんではなく、子ども。

学習机として、なのです。

以前、 「高校生の娘が小学校のときに買ってやった机を嫌がるんですよ」 、というお客様がいらっしゃいました。

八日市のインテリアショップALLESの広告にこんなキャッチコピーがありました。

『学習机は、ほぼ小4の夏にダサくなる』

ウマイですね!
いつもALLESのキャッチコピーには感心します。

でもたしかにその通り。
ワタシも子供の学習机を買うんだったら、大人になっても使えるようなヤツにするよな・・
というわけで、ウチの息子の学習机もコレにしました。

DSCF8044

 

学習机として使うためには引き出しが必要だな、という事で、その後作ったキャスター付きワゴン。

机の下に入ります。

W37.5×D39.5×H53
¥21735

 


DSCF8046

 

こんなチェストも作りました。

チェストの天板の高さは机の天板に合わせてあります。

天板上の枠はブックエンド替わり。

W39×D34.5×H80
¥33600

 

 

 

 

DSCF8047

オプションでランドセルフックを取り付けることも・・

ひとつ¥425

 

 

 

 

 

最初はお父さんのために作った机・・

いつの間にか子どもの為の机になってしまいました・・

DSCF8048

でも、ワタシとしてはヤッパリお父さんに使ってもらいたいな・・

廃番商品、在庫処分です2009年11月18日

つばきやの家具は、ほとんどワタシがデザインしたものです。

お客様はこんな家具をお望みなのではないか、こんな家具をお見せしたら喜んでいただけるのではないか・・と、考えながら作った物です。
だから、期待通りお客様の反応が良く、売れていく家具を見ているのはムチャクチャ嬉しいもんです。

一方、ワタシの感性がお客様に受け入れられず、廃番となっていく商品もあります・・

 

年末に、新しい家具が入荷してきます。

その前に廃番商品の在庫処分です・・

DSCF8003

カワイー!と言われながらなぜか売れなかったカップボード。

W55×D30×H150

49980円
29000円!

SOLD

 

 

 

 

 

DSCF8010

天板がガラス張りのショーケース。
天板を上に持ち上げて、展示物を出し入れします。
雑貨屋さんやアクセサリーショップ向け。
コレは同じデザインで大小作ったのですが、小(W80cm)は動くけど大(W120cm)は動かない。

写真はW120タイプ。
W120×D50×H80 42000円
25000円  SOLD

DSCF8001

3cm厚の無垢材を天板に使用した座卓です。サイズはW120×D80×H30。
これは上のショーケースとは逆に小さくて人気がなかったようです。
同じデザインのW140タイプは良く売れたのに・・

小さめ座卓をお探しの方はとってもお買い得。

45360円⇒25800円!

DSCF8004 DSCF8008 

 

 

 

 

 

 


上の3点とも一人掛けのソファです。
いずれも座面には吸汗放湿性に優れた合成綿「ダクロン」を使用しています。
いつまでもヘタらずに、湿気の多い季節でもサラサラ感を保ちます。
左写真は古家具。37800円⇒18900円!SOLD

写真右の右側は家屋の解体材(オールドチーク)で作られたソファ。(あと3台)
34650円⇒
17300円!SOLD

写真右の左側は古家具。(あと1台)36750円⇒18300円!

DSCF8005

コレも、家屋の解体材で作られたソファテーブルです。

チーク独特の木肌の細かさ、木目の美しい商品です。在庫処分。

W80×D60×H50
36750円
19800円!

 


DSCF8002

約40年前に作られた古家具の本棚です。
上4段はオープン棚、下部は扉つきの棚4段です。
個人的に一目ぼれして買ってきました。
すぐ売れると思ったんだけどなぁ・・
1年経ったから在庫処分です!

W100×D25×H198
92400円
46200円!

 

 


DSCF8007

コレも、売れると思ったんだけどな。
入荷してから1年経過しました。
古家具のデスクです。

こんな机で仕事してみたいと思いませんか?

W120D74H75
69300円
39900円!


小さな座卓2009年07月10日

今回も、たくさんの家具が入荷しました。

オススメはどれ?と言われると、自分でデザインしたものなのでどれもオススメなのですが、サイズや価格とのバランスからたぶんコレは人気商品になるんじゃないかな、というのがこのふたつ・・

DSCF7495

 

W45×D33×H78

ファックスや電話が置けるくらいのサイズのコンソールテーブル。
全体はマホガニー材で作られていますが、引き出しの前板だけ黒褐色のローズウッドを使っています。

2万5200円(税込)

 

 

 

 

 

 

もうひとつは小さな座卓。

ひとりかふたりで使えるくらいの小さな座卓ないですか、と訊かれることがあります。

小さな座卓・・

どんなのがいいかな、と考えていたときにプーシパさんで古い、小さな座卓に出会いました。

DSCF7486

プーシパさんはインドの布を輸入しているお店です。
布のほかにも衣料やバッグ、かわいい雑貨もおいてます。

つばきやと同じく一軒の民家を改装してお店にしています。

 

 

プーシパ
金沢市野田町レ61-1
076-244-7625
10:00~17:00
定休日 水・日

DSCF7487

 

 

お店の中は涼しい風が渡り、友達の家に遊びに来たようにくつろいでしまいます。

 

 

 

DSCF7491

 

この日は「ひらお兄いもうと展」が催されていました。
国内の作家さんの作品もたくさん並んでいます。
棚に並んだエッチングは「ひらおいもうと」さんの作品。
その「ひらおいもうと」さんは平尾香さんといって超有名なイラストレーターらしいです。


ワタシ、知らなかったのですが、ナマステさんのブログを読んで知りました。

 

 

その、プーシパさんにおいてあった古い、小さな座卓です・・

DSCF7488

そして、この座卓をヒントにして今回作ったのがコレ・・

DSCF7494

この座卓、さっそくH様宅へお嫁入り。

これから配達です。

W90×D50×H30
3万1290円(税込)

new<<1 2 3 4 5 6 7>>old