天板の無いチェスト2012年03月08日

注文の家具が出来上がった。

 

この2台と・・

DSCF0106

 

この1台。

DSCF0108

 

よく見ると、どれも天板が無い。

DSCF0107

 

 

 

この家具の注文主は美川の大工の棟梁、出蔵(いずくら)さん。

おっそろしくこだわりの強い大工さんで、家を建てるのに合板を一切使わない。

〝木〟への思い入れが強く、木の話をすると止まらなくなる。

 

以前、出蔵さんのところで家を新築したご夫婦の、ご主人がこんなことを言っていた。

「最初に出蔵さんに会ったときに、黒板に〝桧〟(ひのき)という字を書いてね、1時間 話を聞かされましたよ」

 

この3台の家具の納品日も

「11時に病院に行かにゃならんから8時半に持ってきて」

と言われ早目に着いたのだが、やっぱり、案の定、だんだんと木の話になってきた。

DSCF0121

 

8ヶ所ある倉庫のひとつ

ものすごい量の木材を持っている

 

 

 

 

DSCF0111

 

どれも一枚板や銘木ばかり

 

 

 

 

 

DSCF0116

 

ウォールナットの一枚板

 

 

 

 

 

DSCF0117

 

神代欅

120センチほどのそんなに大きくない板なのに出蔵さんの買値は25万円!

 




DSCF0120

 

 

秋田の天然杉

薄い板なのに同じく買値は1万5千円

 

 

 

 

 

いろんな木の話をしているうちに次第にボルテージが上がり、最高潮に達したのがこの柱。

DSCF0118

「これは杉やけどな、こんーなに目の詰まった杉はない。

これはな、土がやせてると木は堅くなるんや。

その中でも〝これは!〟という木を見つけてな、その木のためにまわりの木をぜーんぶ切ってしまうんや。

まわりの木を切ってしまうと残された木は立派に育つんやが、風の当たりも強うなる。

あるとき、大きな台風が来てな、ものすごい風を受けて、バキバキっとなったんや!

そら、もっのすごい風や!バッキバキや!


でもな、木はまだ死んどらん!


そのバッキバキをな、自分の、木の力


で、自分で治すんや!」

DSCF0119

「その痕がこのヤニや・・

ワシ、こんな木が好きなんや・・・」

 

 

 

 

 

 

 

目を輝かせ、声は大きくなり、熱く語る。

オモロイおっさんです。

でも病院はいいのかな?

 

さて、この日納品した家具3台。

なぜ、天板が無いのか。

新築の家に運び入れたこのチェストの上にアフリカ産のブビンガという赤茶色の木の一枚板を載せるのだそうだ。

その一枚板のサイズはなんと幅4メートル、奥行き2メートル!!

 

完成を見たいな。

タンス(チェストとも言う・・)2012年02月15日

1967年に札幌市北区で似鳥家具店を創業した似鳥昭雄は、家具店の経営に苦しむ中、渡米しアメリカのチェーンストアを視察した。

その体験から大きな感銘を受け「これからは〝箱モノ〟ではなく〝足モノ〟だ!」と、ヒントを得た似鳥昭雄は、その後1978年に『ニトリ家具』とし、1986年に『ニトリ』と商号変更した。

40数年前、わずか30坪の店で創業した似鳥家具店は、200店舗を超えるナショナルチェーンに発展した。

 

 

こんな記事を何年か前に読んだ。

 

〝箱モノ〟とはタンスをはじめとする「収納用の」家具。

〝足モノ〟とはテーブルやイスなどの、「収納用でない」家具のこと。

当時の日本の家屋に少なかった収納をアメリカの住宅は標準仕様していたので、アメリカの家具は〝足モノ〟中心だったのだ。

だから、住宅が西洋化していく日本にとって必要なのは収容家具じゃなく〝足モノ〟なのだ。

 

なるほどな、と思ったものです。

だからワタシも〝箱モノ〟よりも〝足モノ〟を重視していた。

天板と脚をバラバラにして運べる〝足モノ〟の方が輸送コストがかからない、ってのもあったけど・・

 

 

ところが

「タンスみたいの、ないですか?」

というお客様が、実際には多いのだ。

日経の記事を鵜呑みにして、お客様の声をよく聞かなかったことを反省した。

 

 

と言う訳で作ったのがコレ。

DSCF0068

 

引き出しは8つ。

幅は100センチ。奥行きは40cm。

高さは悩んだが、73センチ。ダイニングテーブルと同じ高さにした。

天板の上もいろいろ使えるでしょ。

 

DSCF0069

 

 

天板と本体の色を変え、ツートンにしてみた。

 

 

 

 



DSCF0071

 

 

取っ手に、ちょっと凝ってみた。

もちろん、お好きな取っ手を選べます。

 

 

 


DSCF0070

 

奥行きにも悩んだが、これ以上深いと圧迫感があるよな・・てなことで、40cm。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる価格は・・

無垢材のチェストが、塗装色も取っ手金具も選べて・・

¥48,300 (税込)

 

お、ねだん以上 ニ・ト・リ

じゃなかった、 つ・ば・き・や・・

ドレッサー2011年10月17日

つばきやのお客様のI様。

住宅会社の営業ウーマンでありながら「シックハウス診断士」、「3級福祉住環境コーディネーター」、「住宅ローンアドバイザー」、「ファイナンシャルプランナー」、「宅地建物取引主任者」というさまざまな肩書きを持つ彼女は、ただいま自分の家を建築中。

家を建てるっていうのは資金計画や物件探しなど、たーくさんのプロセスを経ていかなければならないが、それをご自分で実践されているようだ。

そんな彼女が「家を建てよう!」と思ったキッカケは、つばきやの家具との出会いだったそうである。

うれしいなあ。

I様のブログから ・・・ 「機をムリヤリ熟させる」

おもしろいですよ。。

 

その、I様の新居に置くためにオーダーされた家具がコレ。(取手金具はまだ付いてませんが・・)

DSCF0024

 

時にドレッサー、時のパソコンテーブルとしてお使いになるそうだ。

天板の高さは73cm。

ダイニングテーブルと同じ高さだ。

奥行きは40cmと浅目。

ワイドは90cm。

そして、お化粧品や文具などを入れる引き出しが3つ。 (取手金具はまだ付いてませんが・・)

DSCF0023

 

天板は樹木の自然な曲線を生かした〝耳付き〟。

DSCF0022

 

I様のお話をお聞きしながら描き上げたデッサンを見て、こんな家具、ありそうでなかった、と思った。

いいじゃないの。

ということで、I様のご注文は1台だが、6台作った。

 

いかがですか?

住宅会社のバリバリ営業ウーマンが考えたドレッサー兼パソコンデスク。

DSCF0020

 

W90×D40×H73

¥38,000 (¥39,900)

ピンクの本棚2011年07月12日

米国で暮らすワタシの妹一家が、日本に帰ってくることになった。

帰ってくるといっても2年間だけ。

夫のジェフは米国人で,、トヨタアメリカに勤務している。

彼が2年間のトヨタ本社勤務になったのだ。

かつて日本に住んでいたこともあるジェフは、実に日本人の心情を理解している。

見てくれはもちろん完全に外人だが、ワタシのカミサンなんぞは「日本人より日本人らしい」と言っている。

奥さん(ワタシの妹)にも、娘たちにも優しいとってもいいヤツで、仕事でも優秀なのだろうね。

 

ところで彼らはアメリカの家ではイケアの家具を使っている。

ところが、今回日本へ引っ越すことになって、運送屋さんに「イケアの家具は運送中に壊れる」、と言われ廃棄してくることにしたそうだ。

日本の家(名古屋)では、つばきやの家具で揃えたいと言ってくれた。

あまりインテリアに執着のない彼らの注文は「テーブルと、椅子と・・」と言ったかなりアバウトなもの。

寸法や塗装色、テーブルの天板は耳付きか、など特にリクエストはない。

つまり〝おまかせ〟。

コレは作る方にとって実に楽しい。

 

 

彼らには二人の娘がいる。

リナとリサ。

姉のリナは8歳。

ホントにかわいい子で、賢く、気持ちの優しい娘だ。

先月、腎臓の病気で入院し、初めて学校を休んだ。

現在は回復しつつあるが、そのため日本への引越しを一月遅らせ、今はダンナだけが単身赴任状態。

 

妹のリサは4歳。

コレがすごい。

容姿は、かわいい。

しかし、中身は怪獣だ。

去年、野々市に来たリサを見た、あるお母さんとの会話。

お母さん 「なんてかわいいのかしら!」

ワタシ 「いや、中身は怪獣なんですよ」

お母さん 「ホント、これくらいの年はみんなそうなのよねえ」

私は心の中でつぶやいた。

(いや、ホントの怪獣なんですって。そこらへんの子どもとは桁が違うんですって)

ジェフが言ってた。

「(姉妹で)ケンカをしても、勝つのはいつもリサ・・(妹の方!)」

リサの怪獣ぶりはまた改めて書こう・・

 

この二人の娘たちに本棚を作る。

まだ小さい彼女たちの手が届くように、背の低いものにしたい。

また、借家なので家具の転倒防止用の耐震金具は壁に付けられない。

それも、背の低いものにしたい理由のひとつだ。

何しろ東海地震の起こりうる名古屋だぜ。

そこで、本棚に選んだのがコレ。

DSCF8145

DSCF8174

 

 

我が家でも本棚として使っている

 

 

 

 

 

以前、姉のリナはピンクが大好きだという話を聞いた。

ピンクの本棚を作ろう。

妹のリサが好きなのはブルーだということなので、リサにはブルーの本棚を、と思ったが アタシヤッパリピンクがいい!と、姉のピンクを強奪しそうな気がするのでピンク2台にした。

DSCF8149

 

もとはコレ

さあ、どんなピンクにするかな

うっすらピンクにしよう・・

 

 

 

 

DSCF8152

 

 

まずはサンダー掛けから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8150

 

縁に軽くのみを入れる

少し不規則に

コレが後である効果をあげるのだ

 

 

 

DSCF8151

 

塗料の〝乗り〟を良くするためにウッドシーラーという透明な液体を塗る

これを塗ると塗らないでは後の作業の効率性が違うのだ

 

 

 


DSCF8154

 

ウッドシーラーが乾いたら、さあ、いよいよピンクに塗り始め・・

 

 

 

 

 

塗り終わりました。

ピンクの本棚の出来上がり。

DSCF8156

今コレを見たあなた、マジッ!とか思ったでしょ。

フジタも言ってました。

「作業場の空気が変わりましたね・・」

これで終わりじゃありません。

この上からホワイトクリームを塗り重ねます。

すると・・

DSCF8157

こうなります。

これはホワイトクリームを1回塗っただけですが、よく見ると下のピンクが透けて見えます。

DSCF8160

ホワイトクリームを塗り重ねること3回。

完全に白くなってから縁にサンドペーパーを当てる。

DSCF8167

 

力を入れずに軽~く軽~く

すると・・

 

 

 

 

 

DSCF8164

 

下のピンクが見えてきた

不規則にのみを当ててるので使い古した感が出る

キッチリした角じゃこの感じが出ないのです

 

 

 

そして、全体の平面にサンダーを当てると・・

DSCF8166

 

こうなります

うっすらピンクの出来上がり

でもまだ終わりじゃありません

 

 

 

 

DSCF8169

 

上塗りしたホワイトクリームの塗料は、場所によってごくごく薄い塗膜になっている

使っているうちにペラペラと剥がれてくることがある

それを防ぐためにウレタン樹脂を塗る

要するに樹脂の膜を張るのだ

 

後は取っ手。

こんなので遊んでみた。

DSCF8171

 

スプーンの取っ手

カップボードの扉なんかに付けるんだけど、こんなのも面白いでしょ

 

 

 

 

DSCF8172

 

 

1台は左の引き出しに・・

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8173

 

 

もう1台は真ん中の引き出しに・・

 

 

 

 

 

 

さあ、リナとリサは喜んでくれるかな?

そして、左スプーンと真ん中スプーン、どっちを選ぶのかな。

ワタシの予想だとリナ(姉)が気に入った方をリサ(妹)が取るような・・気がする。

ふたりのダイニング2011年06月28日

食事をするときの、一人当たりのテーブル面積は幅60cm・奥行き40cmといわれている。

4人掛けのテーブルの場合。幅は60×2で120cm、奥行きは40×2で80cmになる。

W120×D80 のテーブルが、ぴたり4人掛けのテーブルなのだ。

しかし、部屋のスペースに余裕があり、もう少しゆったり座りたいな、というお客様にはW140×D80のテーブルをご用意している。

そして、その上のサイズは6人掛け、つまり横幅は60cm×3で180cm。

奥行きは40cm×2で80cm。180×80のテーブルである。

つばきやで常時ご用意しているのはこの3サイズなのだが、もっと大きなテーブルのオーダーを頂くこともある。

先日もあるお客様から200㎝×90㎝のテーブルのオーダーを頂いたので、ついでに(?)3台作った。

8月に入荷する予定。

 

一方、最近リクエストを頂くことの多いのが二人用のダイニングテーブル。

これから家庭を築く、という方や、これまで座卓で食事をしていたがテーブルに替えたい、という若いご夫婦からのご相談である。

しかし、家族が増えたらどーすんの?と思うでしょ。

彼らはちゃんと将来のコトも考えている。

数年後、子どもが生まれ家族が増えたらもう少し広い住居に移る。

そして、家族で食事のできるテーブルを購入し、今まで使っていた二人用のテーブルは自分の机にする、あるいは子供の学習机として使う。

 

そんなお話を伺って、ワタシが考えた二人用のダイニングテーブルです。

DSCF8106

 

横幅は110センチ。

通常の4人掛けよりも10cm短いだけ。

この110㎝をひとりで占有できるのだから、かなりユッタリである。

一方、奥行きは70センチ。

前に座っている相手との距離が通常のダイニングよりも10cm、近い。

親密な相手との、会話を楽しみながらの食事のできるサイズなのです。

 

DSCF8107

 

将来、デスクとしても使えるように片側に小さな引き出しをひとつ。

ダイニングテーブルとして使っているときにはお箸やスプーン、小皿を入れておいても便利です。

 

 

DSCF8108

 

最近ではフローリング材も節のあるものが好まれています。

無垢材のナチュラルな風合いを出すとともに、コストダウンをはかるためこのテーブルも節のある部材を使っています。

 

 

「どお、おいしい?」

「ウン、すごくうまい。」

「今日、会社でさ・・」

こんな会話、相手との距離が80cmと70cmでは全然違うのですぞ。

つばきやで座ってお試しあれ。

 

しかしなあ・・こんな頃はテーブルなんか無くても、段ボール箱の上でメシ食っても楽しいんだよな・・

 

二人用ダイニングテーブル

W110×D70×H73

¥34600 (¥36330)

DSCF8109

 

 

塗装色は10種類、取っ手は34種類の中からお選びください。

不思議キャビネット2011年02月10日

何人ものお客様が

「これ、いいわぁ・・」

と、おっしゃったキャビネットです。

あるお客様の 「こんなのが欲しいのよ」 という言葉をヒントにワタシがデザインした家具です。

 

扉を開け閉めして、ちょっと離れて全体を眺め、再びそのキャビネットに近寄り天板を撫でて、また

「いいわ・・」

と、おっしゃったお客様もいらっしゃいました。

 

これです。

DSCF0213

自画自賛ではありませんが、ワタシもそう思います。

塗装して、ガラスをはめ込み、取っ手金具をつけて完成したとき思わず 「おー、いいなあ!」 と、つぶやきました。

写真のものはガラス扉付ですが、扉無しのものもあります。

扉付を3台、扉無しを3台、合計6台作りましたが最初のコンテナに載って来たのは扉付き・無しの各1台、計2台だけ。

早々に完売するだろうな、というのが私の予想でした。

ところが・・

多くのお客様が

「いいわぁ・・」

と、おっしゃるのになかなか売れない。

前回のコンテナの到着が9月末でしたから・・4ヶ月経っても売れない・・

 

家具というのは、衝動買いする商品ではありませんが、時々こちらが驚くような買い方をされるお客様もいらっしゃいます。

先日も、横幅2メートルのアンティークベンチを彼氏の誕生日プレゼントに〝衝動買い〟された女性がいらっしゃいました。

しかし、ほとんどのお客様はまずその商品に一目惚れし、置き場所を考え、ご家族(主に配偶者)のご意見を聞き、購買に至ります。

 

つまり、このキャビネットは〝一目惚れ〟から〝購買〟に至らない不思議な商品なのです。

 

もうすぐ、次のコンテナ、新商品が入荷します。

いつものように過剰在庫や廃番商品を在庫処分します。(2月11日~3月6日)

DSCF0215

 

 

 

左側は引き出し5杯・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0216

 

 

右側はガラス扉の中に4段の棚・・

 

 

 

 

 

 

 

 


DSCF0217

 

マホガニー無垢の天板はオークカラーに染めました・・

 

 

 

 

みんなが「いいわぁ・・」というのになぜか売れないこの『不思議キャビネット』、この価格ではいかがですか・・?

W80×D40×H105

扉付き ¥64,050 ⇒ ¥44,000

扉無し ¥59,850 ⇒ ¥41,000

各1台限り

new<<1 2 3 4 5 6 7>>old