キレイにしました。2012年07月12日

ダイニングテーブルをご購入いただいたT様からご相談を受けた。

「今、使っている椅子は随分昔に買ったものだから買い替えようかとも思っているが、愛着があるのでできればキレイにして使い続けたい。」

見てみましょ、やってみましょ。。

全部で5脚あるうちの1脚を持ってきていただいた。

 

6

構造自体にガタは来ていないが、塗装がかわいそうなことになっている。

5

ビニールの座面もいけませんなあ・・

4

塗装のし直しと、座面の張替えでいけそうだね。

 

 

塗り替える場合、まず今塗られている塗料を落とさなければならない。

一般的に塗料を落とす場合、苛性ソーダのような強アルカリの薬品を塗って塗料を溶かし、水洗いする。

桐タンスの総洗いもその方法でやる。

 

でも今回は別の方法でやることにした。

使うのはコレ。

1

 

ガラスの破片

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

ガラスの破片でペンキを削る。

でも、全部落とさない。

少ーし残す。

 

 

 

__

 

最初の1脚は3時間かかった。

だんだんコツをつかんできて5脚目は1時間半。

時給にすると安いなあ・・

 

 

 

 

 

 

 

6

3

前の塗料を少しだけ残して削り、薄めのブラウンのオイルステイン。

それからウレタンのつや消し。

躯体の部分はこんな仕上がり。

9

7

8

古い塗料を少し残すことによって、古びた感じを出してみた。

T様も 「これがウチの椅子!」 と、オドロ喜ばれました。

 

さあ、後は座面の張替えだ。

ただいま、カミサンが布地を買いに行ってます。。

 

 

FBページ

        FACEBOOK

キレイにしました。2012年07月12日

ダイニングテーブルをご購入いただいたT様からご相談を受けた。

「今、使っている椅子は随分昔に買ったものだから買い替えようかとも思っているが、愛着があるのでできればキレイにして使い続けたい。」

見てみましょ、やってみましょ。。

全部で5脚あるうちの1脚を持ってきていただいた。

 

6

構造自体にガタは来ていないが、塗装がかわいそうなことになっている。

5

ビニールの座面もいけませんなあ・・

4

塗装のし直しと、座面の張替えでいけそうだね。

 

 

塗り替える場合、まず今塗られている塗料を落とさなければならない。

一般的に塗料を落とす場合、苛性ソーダのような強アルカリの薬品を塗って塗料を溶かし、水洗いする。

桐タンスの総洗いもその方法でやる。

 

でも今回は別の方法でやることにした。

使うのはコレ。

1

 

ガラスの破片

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

ガラスの破片でペンキを削る。

でも、全部落とさない。

少ーし残す。

 

 

 

__

 

最初の1脚は3時間かかった。

だんだんコツをつかんできて5脚目は1時間半。

自給にすると安いなあ・・

 

 

 

 

 

 

 

6

3

前の塗料を少しだけ残して削り、薄めのブラウンのオイルステイン。

それからウレタンのつや消し。

躯体の部分はこんな仕上がり。

9

7

8

古い塗料を少し残すことによって、古びた感じを出してみた。

T様も 「これがウチの椅子!」 と、オドロ喜ばれました。

 

さあ、後は座面の張替えだ。

ただいま、カミサンが布地を買いに行ってます。。

 

 

FBページ

        FACEBOOK

こんな仕上げはいかがですか2012年06月08日

つばきやの家具はお客様に商品を選んでいただいてから、お好みのお色を選んでいただき、塗装をする。

色見本をお見せしてその中からお選びいただくのだが、時々、いや、特に最近は頻繁に

「あんな感じにならないですか・・」

とおっしゃって古家具を指差される。

 

古家具といってもその風合いはさまざまで、枯れた淡いものもあれば、濃く深い色合いのものもある。

古家具の風合いを好まれるお客様は、色の濃い淡いだけではなく(もちろんそれも含まれるのだが)何十年も使い込まれたものに魅力を感じるようだ。

それならば古いものを買えばいいじゃないか、と思われるかもしれないが、自分の好みの形、ピタリのサイズのもので古家具を探し出すのは極めて難しい。

だから

「あ、この家具、ちょうどいいな」

と思ったものを古家具風に加工できたらな、というお気持ちはよーくわかる。

 

なので、トライしてみました。

ブログに載せる事を考えていなかったので途中の工程を撮っていないが、仕上がりはこんな感じ。

DSCF0006

DSCF0007

DSCF0008

DSCF0009

 

普通の塗装よりも手間がかかる。

が、今はまだやってるほうも面白い。

だから、このアンティーク仕上げにしても家具の価格は変わらず。

 

こんな仕上げはいかがですか?

 

FBページ

        FACEBOOK

椅子2012年05月03日

つばきやの家具のほとんどは、ワタシがデザインしたものを海外の工場で作ったものだ。

しかし、例外的にワタシのデザインではないものもある。

椅子がそうだ。

 

家具の中で、「椅子」は特殊な立場にある。

テーブルや食器棚、ソファ、ベッド、書庫、デスクといった家具は一度そこに置いたら、そうそう動かすことは無い。

しかし、椅子は常に動く。

座るときに椅子を引く。

席を立つときに方向を変える。

一日に何度も動く家具は、椅子以外にない。

 

家具デザインの本格的な修行を経験したことの無いワタシが作った椅子は(これまでに何種類も作ったが)、使っているうちにどこかが破損してくる。

力学的な知識が不足しているのだろう。

だから椅子だけは椅子専門の工房で作られているものを、躯体はそのままに若干のアレンジを加えて つばきや仕様 にしてある。

今までにどれくらいだろう、たくさんの種類の椅子を扱ったが、現在では数種類の椅子に落ち着いた。

 

DSCF0340

 

最も人気のある、ミニマリズムな椅子。

『パドランチェア』

¥16800

マット別売(¥3000)

 

 

 

 

 

 


DSCF0319

 

 

少し前に欠品したので、ご注文のお客様には入荷までお待ちいただいた。

4人のお客様のご注文、計10脚のパドランチェアを急いで仕上げる。

 

 

 

 

 

 

DSCF0231

 

 

 

 

これも入荷したて。

古い家屋の解体材を使った椅子。

はまる人ははまります。

¥16800

 

 

 

 

 

 

DSCF0341

 

学校の椅子をイメージした『スタディチェア』。

あるお客様がインテリア雑誌の切抜きをお持ちになり、その写真をもとに椅子工房の主人と頭をひねりながら作った椅子。

¥16800

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0342

 

 

もともとは肘掛の付いていなかった椅子に、お客様のご要望で肘掛を付けたら思いのほか評判が良かった。

今では定番になった『リーノチェア』。

¥22050

 

 

 

 

 

 

上に載せた写真の椅子はどれもダイニングテーブルに合わせた椅子。

主に食事をする時に使用するものだが、それ以外にリラックスするための椅子もある。

 

DSCF0337

 

 

ドッシリ構える、通称〝お父さんの椅子〟。

一家に一台だけ。何台も買っちゃいけませんよ。

写真のものは着色せず、天然のオイルで仕上げました。

¥18900

 

 

 

 


DSCF0344

 

これは定番じゃありませんが、〝お父さんの椅子〟をエマニエル婦人の椅子風に、ちょっと遊んでみました。

1台限り。

価格未定

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0343

 

曲線のフレームに包み込まれるような小ぶりのカワイー椅子。

「化粧台の前に・・」といって買われる女性のお客様が多い、通称〝お母さんの椅子〟。

¥18900

 

 

DSCF0338

 

デザインしてるでしょ。

建築士さんに人気の高い『アームチェア』。

¥25200

 

 

 

 

いかがですか、お気に入りの椅子は有りましたか?

いずれもお好みの塗装を施します。

 

DSCF0264

FACEBOOK

ゲタ箱2012年03月28日

以前からときどきリクエストを頂いていたのが〝下駄箱〟。

「ゲタ箱を探してるんですけど、なかなかいいのが無くって・・」

と言われましてもなぁ・・

なかなか製作に踏み切れなかったのはサイズに悩んだから。

だって、玄関のサイズは、その家々によって違うでしょ。

ゲタ箱って言われても・・どんなサイズで作ったらいいのだ・・

 

よっしゃ、ひとつマーケッチングリサーチでも、とニトリや東京インテリアなどの大型家具店へ。

それから通販のカタログも参考にした。

すると、なんと。

下駄箱のサイズって標準があるではないか。

 

 

という事で作ったのがコレ。

 

DSCF0090

 

W85×D35×H100

¥44,000 (¥46,200)

マホガニーの無垢材。

天板は耳付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0091

 

中は4段。

棚板の追加も可能です。

棚板可動式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作ったことは作ったが、何だかあまり売れないような気がする。

でも、少ない台数しか作らなかったら1台当たりの価格が高くなってしまうので、10台作った。

ゲタ箱10台はつらいかな。

という事で、半分の5台はガラス扉にした。

DSCF0092

 

サイズ、価格ともゲタ箱と同じ。

棚板可動式。

 

 

 

 

 

お、これなら小さなカップボードや本棚にしてもいいな。

 

ところが、1ヵ月半の間に3台売れた。

需要はあるのだな。

 

 

高岡にお住まいのササキ様ご夫妻は古くからのお客様。

テーブルや椅子、チェスト、TVボードなどたくさんの家具を数年にわたって買い揃えてくださった。

そのササキ様が大阪へ転勤することになった。

「しばらくは来れないかもしれませんが・・」

と言って、先日店に寄ってくださった。

ご夫妻のお母様(たぶん)お二人と、お子様二人とご一緒に。

その時に、件のゲタ箱をお買い求めくださった。

今は賃貸にお住まいのササキ様ご夫妻だが、将来お家を立てるときにこのゲタ箱のサイズがその家の玄関に合うのだろうか・・

誰からともなくそんな疑問が出たのだが、ご夫妻どちらかのお母様がこうおっしゃった。

「ゲタ箱に合わせて家建てたらいいじゃないの」

 

DSCF0093 

 

素晴らしいコメントです。

カップボード2012年03月18日

白山市の市村様邸に、ご注文いただいていたカップボードを納品した。

上下、セパレートタイプ。

最近はこの形が好まれるようだ。

DSCF0113

 

下のカウンターと、上の水屋の間隔は60センチ。

炊飯器やレンジを置いても十分な作業スペースを確保できる。

上の水屋は壁に直接設置した。

横幅も図面に合わせ、ピタリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

手取町の、手取諏訪神社のすぐそばの閑静な住宅地にある市村邸。

こんな環境の場所に住んでみたいものです。

DSCF0114

 

カウンターの天板は樹木の自然な曲線を活かした耳付き。

カウンターの下部はダストボックスが置けるよう、棚板は無し。

 

 

 

 

DSCF0115

 

上部の水屋は高さ70センチ。

観音開きの扉が4枚。

 

 

 

 

 

DSCF0116

 

 

扉のつまみは真鍮製のコレ。

34種類ある取っ手金具のうちで、一番人気があるヤツです。

 

 

 

 

市村邸にお納めしたのはこのほかにダイニングチェアと、和室に置く小さな座卓。

DSCF0117

 

この座卓、実はベンチの足を12cmカットしたもの。

こんな使い方もあります。

 

 

 

 

 

来週の土日、内見会の市村邸。

天気が良いといいですねえ・・

new<<1 2 3 4 5 6 7>>old