色が変わります2013年02月12日

ちょっとだけマイナーなお知らせです。

つばきやで使用している塗料は、主に関東ペイント・アレスコのオイルステイン。

オーク、チーク、ウォルナットの三色をそのまま、あるいは薄めたり調合したりして使っています。

その関東ペイントが、塗料缶の形状や容量とともに色もモデルチェンジしました。

今までのものと似てはいますが、非なるものです。

どうせ色が変わるなら、と他のメーカーの塗料も試してみました。

その結果、『和信』というメーカーの塗料を使うことにしました。

ワタシ好みの色なのです。

これまでにつばきやの家具をご購入いただいたお客様で、これから追加の家具を注文されるご予定のある方。

そして、その追加の家具を、すでに購入された家具と同じ色で仕上げたい、というお客様はご一報ください。

今まで使っていた塗料の在庫はあと1~2か月分ありますが、その分の塗料を別に保存しておきます。

色が変わります2013年02月12日

ちょっとだけマイナーなお知らせです。

つばきやで使用している塗料は、主に関東ペイント・アレスコのオイルステイン。

オーク、チーク、ウォルナットの三色をそのまま、あるいは薄めたり調合したりして使っています。

その関東ペイントが、塗料缶の形状や容量とともに色もモデルチェンジしました。

今までのものと似てはいますが、非なるものです。

どうせ色が変わるなら、と他のメーカーの塗料も試してみました。

その結果、『和信』というメーカーの塗料を使うことにしました。

ワタシ好みの色なのです。

これまでにつばきやの家具をご購入いただいたお客様で、これから追加の家具を注文されるご予定のある方。

そして、その追加の家具を、すでに購入された家具と同じ色で仕上げたい、というお客様はご一報ください。

今まで使っていた塗料の在庫はあと1~2か月分ありますが、その分の塗料を別に保存しておきます。

色が変わります2013年02月12日

ちょっとだけマイナーなお知らせです。

つばきやで使用している塗料は、主に関東ペイント・アレスコのオイルステイン。

オーク、チーク、ウォルナットの三色をそのまま、あるいは薄めたり調合したりして使っています。

その関東ペイントが、塗料缶の形状や容量とともに色もモデルチェンジしました。

今までのものと似てはいますが、非なるものです。

どうせ色が変わるなら、と他のメーカーの塗料も試してみました。

その結果、『和信』というメーカーの塗料を使うことにしました。

ワタシ好みの色なのです。

これまでにつばきやの家具をご購入いただいたお客様で、これから追加の家具を注文されるご予定のある方。

そして、その追加の家具を、すでに購入された家具と同じ色で仕上げたい、というお客様はご一報ください。

今まで使っていた塗料の在庫はあと1~2か月分ありますが、その分の塗料を別に保存しておきます。

我が家用家具2013年01月04日

つばきやで販売してる家具は私がデザインしてるんですよ、ってのは前にも書きましたね。

これがね、結構悩むのですよ。

思いついたものを片っ端から描きゃいいようなもんですが、それが売れるモノでなきゃ困る。

家具屋という商売なんだから。

お客様はどんな形のモノ、どれくらいのサイズがお望みなのか・・

いつも売れるモノ、つまりお客様がほしいと思うものはどんなモノだろうと考えています。

そこには当然価格も含まれていて、この家具はコレくらいの値段で売りたい、だからこうしなくっちゃ、というのもデザインを考える要素のひとつになっているのです。

でも、今回はそんな諸々を考えず、まったく私的に家具を作ってきました。

昨年、キッチンをリフォームしました。

いろんなものがすっきりとまとまり、冷蔵庫の位置も移動しました。

すると、ある壁面がガランと空いた・・

__

上の写真ではキレイに空いていますが、実際には床の上に電子レンジやゴミ箱が置いてあったり、お盆やトレイが壁に立てかけてあったりと、相変わらずゴチャゴチャしていたのですけれど・・・

その空きスペースの寸法、ゴミ箱の高さ、これくらいの位置にレンジがあったら使いやすいんじゃないかな、とか売り物ではなく自分で欲しい家具の図面を描いてみたのです。

そして、出来上がったのがコレ。

全体

引出

ゴミ箱の高さと、レンジを置く高さに差があったので引出を設けた。

天板

天板は耳付き。

我が家の1台を含め6台製作した内、3台は天板を耳付きにして、3台はストレートに切った。

棚受け

我が家では下の段にゴミ箱を置くのでスペースを広くとってあるが、中間に一段 取り外しできる棚板があります。

サイズは W120×D42×H125㎝。

下の段の内寸高は60㎝。上の段は内寸高40㎝。

我が家のゴミ箱とレンジに合わせた高さです。

価格は、え~と・・

原価からいうと52000円+消費税で、54600円。

という値段をつけたいのだけれど・・

消費税込みで5万を切りたいなぁ。

ということで

47600円+消費税= 49980円です。

自分で勝手に作った商品は粗利が薄いのです・・・

 

 

本棚ふたつ2012年11月05日

5月の出張のときに、旅のお供で持っていった本が『本棚の本』。

いろんな本棚が写真とともに紹介されていた。

おもしろかった。

 

前に、アイアン製の平置き本棚をここで紹介したけれど、木製のも作ったんですよ。

A4全体

コレは以前から定番にしている棚ですが、A4サイズのファイルがキレイに入ります。

いつもの定番をチョコっと変えたのは天板の厚さ。

以前はすべての板を3cm厚にしていたけれど、今回は天板のみ5cm厚。

ところで、いまだにこの樹種がわかりません。

現地(ジャワ)では〝ムンゴル(Mungor)〟と呼ばれています。

英名はなんていうの?と工場に訊いたら材木屋に問い合わせてくれて〝レントリー(Lentry)〟と教えてくれたのですが、いくら探してもそんな名前の木はありませんでした。

 

A4天板ノーマル

 

 

普通に仕上げるとこんなカンジ。

一年中あったかいところ、寒暖の差が少ない地域に育つ木なのでクッキリとした木目がありません。

また、屈曲しながら育つ木なので木目が乱れます。

 

 

 

 

 

A4天板アンチック

 

天板を5cm厚にしたのはこんな仕上げがしたかったから。

何十年も使われた線路の枕木をイメージしたんです。

 

W80×D25×H85・・¥33600(税込)

 

 

 

 

 

 

 

さて、もうひとつはコレ。

文庫全体

 

ワタシは根がケチなもので、読む本の多くは文庫か新書。

普通の本棚に文庫を並べると、上の隙間がもったいないような気がする(これまたケチデスネ)。

文庫アップ

 

 

なので、コレは『文庫用本棚』。

天板は同じく5cm厚。

 

 

 

 

 

 

 

文庫天板

 

 

文庫用本棚の天板は古木風に仕上げてみました。

もちろん、普通の仕上げにもできます。

『文庫用本棚』
W80×D18×H86・・・¥29400(税込)

 

 

 

 

 

 

FBページ

FACEBOOK

夏の寺子屋2012年09月21日

某大学の薬学部長を務めたA先生は少し前に教授職を辞され、起業された。

大学の学部長なんてとても名誉な職のように思えるのだが、内実は大変な仕事らしい。

「大学を辞めてストレスが100分の一になりました」

と、おっしゃっていた。

これまでにも棚やテーブルなどをご購入いただいたA先生は、ワタシと好みが似ている。

例えば前回収めたOPEN棚。

樹木には洞(うろ)と呼ばれる自然に空いた空洞がある。

製材するとその洞の部分は穴が空いたようになる。

いま、先生のオフィスで書類棚になっているその棚の側板には、その洞でできた穴がポカリと空いている。

ワタシはその洞が、自然の木の持つ面白さ、力強さと感じる。

でも、お客様の中には 「穴が空いている」 のは 「不良品」 と感じる方もいる。

どちらも正解でも、間違いでもない。

感じ方の違いだから・・

A先生は 「いいね、コレ!」 とおっしゃった。

 

 

今回は幅180cmの一枚板のベンチを3台、ご注文いただいた。


「ちょっと、〝寺子屋〟の机として使いたいんでね・・」


以前、納品に行った時に見せていただいたA先生の新築のご自宅兼仕事場。

住居棟と仕事場棟に分かれていて、仕事場棟の一階は無垢材床の大広間、二階がオフィスと研究室になっている。

その一階に置かれるそうだ。

時代劇の中で見る、子どもたちが長机の前に並んで座っている寺子屋の風景が目に浮かんだ。

 

g

 

 

 

 

今回入荷した180cm天板10枚の中から形のよいものを3枚選んだ。

これから研磨して、組み立て、塗装。

 

 

 

 

 

 

 

塗装の色は 「お任せしますよ」 とのお言葉を頂いたので、白木の無垢床と調和するよう、木目が引き立つ中間色のブラウンで仕上げた。

 

e

3台のご注文だったが、9月中に人数の集まる催しがあるとのことなので1台お貸し出し、計4台を搬入。

「先生、4台お持ちしましたので形の良いのを3台選んでください」
と言ったら

「そう。じゃ、4つもらいましょ。」

ありがとうございます。

 

 

d

 

風の渡る大広間。

夏でもクーラーいらず、蝉の声を聴きながらの学問。

寺子屋には絶好の場所です。

 

 

 

 

b

 

 

 

2階の実験室にはこんな器具が。

先生は成分分析に関する特許をお持ちで、さまざまな企業からの依頼があるそうです。

 

 

 

 

ところで、A先生の寺子屋はご近所の小学生を集めて理科系の授業をされているそうです。

近くだったらウチのムスコも行かせたいのにな・・

new<<1 2 3 4 5 6 7>>old